“第2のカトシゲ”になれるか?A.B.C-Zの地味男・戸塚祥太、大躍進の夏

 農家に漁師、芸術家にお笑いとさまざまなジャンルを切り開いてきたジャニーズアイドル。だが、なかなか開拓されなかったのが文筆家だった。その地平を切り拓いたのは、NEWS・加藤シゲアキ。これまでに5冊の小説を上梓。現在は、3誌で連載中だ(ジャニーズサイトは除く)。

 そんなカトシゲにもっとも近い位置にいる現役ジャニーズが、A.B.C-Z・戸塚祥太だ。

「戸塚は今年3月、初のフォトエッセイ『ジョーダンバットが鳴っている』を出版しました。グループでは塚田僚一の活躍が際立っており、残る4人の中でも特に、戸塚は地味な存在。それだけにソロでの書籍出版は異例といえます」(芸能関係者)

 加藤と同じく、戸塚はもともと読書好き。アイドルらしからぬ闇発言をしてしまう点もよく似ている。そんな部分が、本の雑誌『ダ・ヴィンチ』編集者の目にとまって連載がスタート。フォトエッセイはそれをまとめたものだ。

「現在、日本テレビの月曜深夜のジャニーズドラマ枠“シンドラ”の『トーキョーエイリアンブラザーズ』に出演中。戸塚は伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)のお兄さんのエイリアン役です(笑)。台詞はかなり少なめ。台詞覚えに必死な伊野尾をよそに、撮影のちょっとした合間にも好きな小説を読んでいるほど、活字マニアなんだとか」(アイドル誌ライター)

『ダ・ヴィンチ』の連載は、書籍刊行前に終了した。しかし、単行本化を記念して、現在「ジョーダンバットが鳴っている2」のタイトルで復活中。ひとまず、1年限定の連載だ。

 いっぽう、A.B.C-Zとしては現在、東京ジョイポリス(東京・お台場)との初コラボレーション企画が開催中。メンバーがプライベートで訪れたことがある有名アトラクションで、初出しのライブ映像やコラボカフェ、オリジナルスイーツや衣装展示ほか、ファンにはたまらない内容になっている。

 戸塚にとっては、念願の単行本出版に連ドラ出演、コラボアトラクションの始動など、まれに見る活躍となっている。今夏、“第二のカトシゲ”には、神風が吹いているのかもしれない。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 125211

    実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

    「偽善ヅラのマウント女に仕掛ける壮絶な復讐」、「ウソをバラまき新居を乗っ取ろうとする執拗な姑」、「親の借金、妹の賠償、金に翻弄される不幸女のドロ沼」……etcこんな文言に見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? … 続きを読む 実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

注目キーワード

ランキング