2018/09/04 18:14

親からの“スマホ質問”にウンザリ!?トラブルを未然に防ぐアドバイスとは?

 今、スマホはもはや若者だけのものではなくなり、全世代へと拡大しています。総務省の「平成29年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、60代のスマホ利用は45.1%と、前年の31.7%より約13ポイントも上昇しています。確かにシニア世代であっても、今の日本ではスマホなしではやっていけない時代になりつつありますよね。

 そんな中、シニア世代のスマホ率が増えると、子や孫である若い層に「これどうやって使うの?」といった質問がくる可能性も増えてきます。実際、スマホにまつわる次のようなエピソードもあるようです。

●詐欺メールに「送り先間違っていますよ」と普通に返信してしまう。

●「変なバナーとかクリックしないように」と伝えたら、いちいち電話で使い方の質問がきて面倒なことに。

●Wi-Fiがないところで動画を大量に見ていたため、通信料が莫大に……。

 とくに、詐欺まがいのメールに対しては、ひっかかったりしないか、子や孫としては気が気ではありませんよね。そんなとき、私たち子や孫が親たちにアドバイスすべきことを3つご紹介します。

1.モバイル各社のサポートに任せる

 最近は、モバイル各社のシニア世代へのサポート熱が、かなり手厚くなっています。例えば、ワイモバイルのシニア向け「かんたんスマホ」には、ボタンを押すと自動的に解決してくれる「押すだけサポート」という機能がついています。もちろん、電話でのサポートも可能。

 また、シニア世代の電話利用の実状から、「60歳以上ずーっと国内通話0円」というプランは、安心できるサービスといえるでしょう。これだけ全力でサポートしてくれるのなら、モバイル各社のサポートに頼るのも一つの方法ですよね。

2.シニア向けスマホを選ぶ

 ガラケー時代にもシニア向けケータイがあったように、スマホにもシニア向けがあります。NTTドコモの「ドコモ らくらくホン」、auの「BASIO2(ベイシオツー)」、ソフトバンクの「シンプルスマホ3」など、いずれもボタンが大きく、シニアでも使いやすい見た目と機能が特徴のようです。こうしたスマホを選んであげるのもよいでしょう。

3.スマホ教室に通わせる

 最近はパソコンのように、スマホ操作をゼロから教えてくれる教室もあります。どんなにいろいろなアドバイスをしても、使う本人がスマホを理解するのが一番なので、こうした教室に通わせるのも一つの方法ではないでしょうか。シニアのスマホ利用率が高まれば、今後ますます増えていくと思われます。ちなみに、NTTドコモは、ドコモショップで「ドコモスマホ教室」を開催しているようですよ。

 いかがでしたか? もちろんその都度、忍耐強く教えてあげるのも一つの方法です。煩わしいと思っても面倒がらず、モバイル各社のサービスなどを駆使しながら、ぜひ親たちにアドバイスをしてあげましょう。

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング