2016/01/16 09:58

Sexy Zone中島健人、握手会で求婚するファンへの対応が「神すぎる」

20160116nakajima

 2月27日公開の映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」で主演を務めるのがSexy Zoneのリーダー・中島健人だ。

 同作では“ドS高校生”としてヒロイン役の小松菜奈を翻弄する役を演じているが、その素顔は真逆の「神対応」ぶりで、ファンの心を離さないのだそう。

「たいていのアイドルの握手会は『応援してます』といえば『ありがとう』くらいのやり取りが普通ですが、中島の場合はひと味違う。ファンが『結婚してください』といえば『婚姻届持ってきた?』とか『そういうのは男から言わせて』などと、個々のファンに対してそれぞれ一捻り効かせた“甘い言葉”で返すんです」(芸能誌ライター)

 また、コンサートではファンのみんなを“セクシーガール”と呼び、個人的な握手会では“姫”と呼ぶ。そしてそこでもどんなに握手会の列が並ぼうが、中島は一人ずつに丁寧な返事を返すため、当然のことながら長時間に及ぶこともザラなのだとか。

 しかし、その神対応を一度味わったファンはもう病みつき。どんどんハマっていくという。

「そんな中島は自身のことを“ラブホリック(恋愛中毒)”と公言。最近では、スピードワゴン小沢のような“あま~い”セリフで魅了したり、言葉の頭にセクシーとつける“セクシー○○”というフレーズを発して、ファンとの恋愛中毒を楽しんでいます」(前出・芸能ライター)

 この「セクシー○○」フレーズは年末のカウントダウンコンサートでも健在。中島が「セクシーハッピー」と言えば、それを受けて司会の嵐・桜井翔が「ナイスセクシー」、二宮和也が「セクシーサンキュー」、年男の大野智が「セクシーモンキー」、相葉雅紀が退場の際に「セクシーバイバイ」と重ねて、会場も大いに盛り上がった。

 一時はメンバー間での衣装格差問題等が起こり、ファンを二分するような事態までに陥っていたSexy Zone。だが、今ではそんな危機を乗り越えて、正式に5人での活動とあいなり、ファンもホッと胸をなでおろしている。

「ファンのみんなが僕の恋人!」という中島のその言葉には、そんな5人を支えてくれたファンへの感謝の気持ちが込められているに違いない。

(琴葉)

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 80350

    見た目や年収など“条件”で選んだ結婚は破綻する!?本気で幸せな将来を望む女性に最適な婚活とは?

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増しているそうです。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約4倍強なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」こと … 続きを読む 見た目や年収など“条件”で選んだ結婚は破綻する!?本気で幸せな将来を望む女性に最適な婚活とは?

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング