原作には続きあり!綾瀬はるか「義母と娘のブルース」に“続編”の可能性

 9月18日に最終回を迎えた綾瀬はるか主演の人気ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)。平均視聴率はすべて2桁をマーク。最終回には番組最高となる19.2%を記録して有終の美を飾った。

「ドラマを見た視聴者からは『最終回良かったー泣いたー』『最終回まで面白かった』など、感激のコメントがネット上にも寄せられましたが、そんななか早くも“ぎぼむすロス”に陥ったのか『義母と娘のブルース 続編しないかなぁ…』『とても面白くて感動した!原作も見てる!シーズン2か映画化期待します!』など、続編もしくは映画化を望む声が殺到しています」(テレビ誌記者)

 しかも、その可能性は十分あるという。理由はドラマの原案となった原作漫画だ。

「漫画家・桜沢鈴氏が描いた原作では、上白石萌歌が演じたみゆきとヒロキ(ドラマでは大樹=井之脇海)が結婚。2子を授かります。一方、亜希子(綾瀬)は還暦を迎えて経営コンサルタント会社の社長となり、社員から厚い人望を得る。しかし、長年のハードワークと飲酒が原因で亜希子の体はボロボロに。病に倒れ、みゆき夫婦とヒロキの姑に看取られつつ最期を迎え、あの世で亡き夫・良一(竹野内豊)と再会するという長い物語です」(前出・テレビ誌記者)

 みゆき(上白石)の子供時代が第1部、高校時代が第2部と考えた場合、原作で描かれた“第3部”が続編または映画化される可能性があるというわけだ。

 ドラマ公式HPの中のファンメッセージコーナーにも、「もう絶対に続編と映画化を、切にお願いします!」「続編、映画、スピンオフ、とにかく続きが観たいです!!お願いいたします!!」など、次々に視聴者の要望が寄せられている。原作のように“続き”が見られるのか。今季最大のヒットドラマの“次なる展開”に注目したい。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング