「中学聖日記」が最高視聴率を更新も、もはや展開が遅すぎる!?

 有村架純が女教師と男子中学生との禁断の愛に挑んだドラマ「中学聖日記」(TBS系)の第8話が11月27日に放送され、自己最高となる視聴率7.5%をマークした。第6話からは、教え子との不適切な行為が発覚した時点から3年後が舞台になっており、有村の演じる女教師は小学校に勤務。岡田健史が演じる中学生も18歳に成長したという設定だ。

「有村は大人になった岡田からの求愛を拒み、同僚教師との交際を選択。そんな有村に岡田が『僕は起きたこと全部大切だから忘れません』と告げると、女性視聴者からは『キュンキュンした!』『私もこんなこと言われたい』との声が続出しました。そして終盤では有村が、倒れた父親の跡を継ぐという同僚教師からの求婚を拒否し、岡田と一緒にフェリーに乗り込むという展開に。視聴者からは『早く次の回が観たい!』と、次週への期待も高まっているようです」(テレビ誌のライター)

 いよいよ禁断の愛が実るのか。恋愛ドラマとしてのクライマックスが近づいてきた感のある「中学聖日記」だが、この展開に前出のテレビ誌ライターは苦言を呈する。

「第8話まできてこの展開はあまりにも遅すぎます。本作で中学生役には無理のある19歳の岡田を起用したのは、役柄が18歳に成長した段階を見据えてのことだったはず。それならもっと早い段階で『女教師×中学生』の描写を片付け、大人同士の恋愛に舵を切るべきでした。そうすれば『中学生相手の淫行』という批判も最小限に抑えられたでしょうし、女性視聴者も18歳男子との交際なら感情移入しやすかったはずです。原作マンガからして、主題は女教師と中学生との禁じられた恋愛よりも、複数の登場人物間でねじれにねじれた人間関係にあるはず。それを描くためには第8話の内容を、遅くとも第4話までには描くべきだったのではないでしょうか」

 もっと早い段階で大人同士の恋愛にシフトしていれば、シリーズ後半では右肩上がりに視聴率を伸ばしていた可能性もある。主演の有村も今ごろ、「大人の岡田くんとのキスがよかった」と思っているのかもしれない。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング