2018/11/28 18:15

「中学聖日記」が最高視聴率を更新も、もはや展開が遅すぎる!?

 有村架純が女教師と男子中学生との禁断の愛に挑んだドラマ「中学聖日記」(TBS系)の第8話が11月27日に放送され、自己最高となる視聴率7.5%をマークした。第6話からは、教え子との不適切な行為が発覚した時点から3年後が舞台になっており、有村の演じる女教師は小学校に勤務。岡田健史が演じる中学生も18歳に成長したという設定だ。

「有村は大人になった岡田からの求愛を拒み、同僚教師との交際を選択。そんな有村に岡田が『僕は起きたこと全部大切だから忘れません』と告げると、女性視聴者からは『キュンキュンした!』『私もこんなこと言われたい』との声が続出しました。そして終盤では有村が、倒れた父親の跡を継ぐという同僚教師からの求婚を拒否し、岡田と一緒にフェリーに乗り込むという展開に。視聴者からは『早く次の回が観たい!』と、次週への期待も高まっているようです」(テレビ誌のライター)

 いよいよ禁断の愛が実るのか。恋愛ドラマとしてのクライマックスが近づいてきた感のある「中学聖日記」だが、この展開に前出のテレビ誌ライターは苦言を呈する。

「第8話まできてこの展開はあまりにも遅すぎます。本作で中学生役には無理のある19歳の岡田を起用したのは、役柄が18歳に成長した段階を見据えてのことだったはず。それならもっと早い段階で『女教師×中学生』の描写を片付け、大人同士の恋愛に舵を切るべきでした。そうすれば『中学生相手の淫行』という批判も最小限に抑えられたでしょうし、女性視聴者も18歳男子との交際なら感情移入しやすかったはずです。原作マンガからして、主題は女教師と中学生との禁じられた恋愛よりも、複数の登場人物間でねじれにねじれた人間関係にあるはず。それを描くためには第8話の内容を、遅くとも第4話までには描くべきだったのではないでしょうか」

 もっと早い段階で大人同士の恋愛にシフトしていれば、シリーズ後半では右肩上がりに視聴率を伸ばしていた可能性もある。主演の有村も今ごろ、「大人の岡田くんとのキスがよかった」と思っているのかもしれない。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

注目キーワード

ランキング