小藪千豊が「顔以外イケメン!」と絶賛を浴びた“粋な行動”

 お笑い芸人の小籔千豊が、車いすの女性への対応を絶賛され、ネットでは小籔株が“爆上げ”状態になっている。

「品川駅でタクシーに乗ろうとしている車いすの女性を見かけた小籔は、遠くから駆け寄り『何していいか、わからんから教えてください』と声をかけたようです。この、声をかけられた女性がいきさつと共に、感謝のツイートをしたものが拡散されました。女性の実体験として『大丈夫ですか?』と聞かれると反射的に『大丈夫です』と言ってしまう。しかし、小籔は『教えてください』と言ってくれたため、つい、甘えてサポートをお願いしてしまいたくなる言葉遣いに泣きそうになったというのです」(ITライター)

 ネット上には「小籔さんイケメンじゃん! 顔以外は(笑)」「小籔にあまり良い印象なかったけど見方が変わったわ、顔意外」など、神対応への反響が上がっている。

 お笑い系ライターは「小籔はもともとネチッとした芸風で、例えば『すべらない話』などで披露するエピソードトークも、相手の“認識の甘さ”や“勘違い”などによる間違いに対し、過剰なまでに“正論”を突きつけ、完全否定するといった話芸の芸人さん。言わば『言ってることは正しいけど、友達にはしたくない』というようなキャラクターだったわけで、そんなテレビのイメージとは正反対のギャップも手伝い、評価を一変させたという人が多かったのではないでしょうか」と分析する。

 小籔といえば、2月18日に「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)で密着され、笑いに対する真摯でストイックな面を取り上げられたのも、好感度爆上げに一役買っているようだ。

「吉本新喜劇の脚本作りに真剣に取り組む小籔さんの姿は、視聴者の見る目を大きく変えたかもしれません」(前出・お笑い系ライター)

 番組を見た視聴者からも「葛藤しながらも逆風を恐れない小籔さんの姿勢に勇気をもらった」「小籔さんの新喜劇への思いが伝わってきた」「仕事への姿勢が不器用だけどかっこよかった」と絶賛の声が多数あがっている。

 テレビで見られる毒舌キャラの印象、それはまさにテレビの中だけのキャラ…ということのようだ。

(石見剣)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング