2019/05/27 18:15

好感度を上げるための発言!?吉岡里帆「恋より友情」宣言も同意得られず

 女優の吉岡里帆が5月23日、自身が出演する映画「パラレルワールド・ラブストーリー」の公開直前イベントに出席。「友情か恋愛か、では友情を優先する派」であることを明かしている。

 この日のイベントでは「友人と同じ相手を好きになってしまったら恋愛をとるか、友情をとるか」を集まった観客約200人に対して質問。

 同作で主演を務めるKis-My-Ft2の玉森裕太は「恋愛の方が多いでしょう」「女性って恋人の方をとると思う」と、この日の観客の9割以上が女性だったことから、恋愛派が大多数ではないかと予想。

 しかし、吉岡は「女の友情はそんなに簡単には切れません」と、玉森とは逆に友情を優先するという人が多数派であると予想。続けて、「私は友情をとったことがあります。友達とかぶったことがあり、悲しい記憶が今…」と、実際に友人と同じ人を好きになってしまうも、友情をとったことがあることを説明している。

 結果としては観客の回答は「恋人をとる」が圧倒的に多かっただけに、吉岡が少数派となってしまったわけだが、友人を大切にする吉岡のスタンスは大きく好感度を上昇させた…かと思いきや、ネット上での反応は「綺麗ごとを言ってる感じがする」「絶対、好感度上げるための発言だよな」「友情をとっても、男が自分のことを好きになってくれる自信があるんだろうな」「友情を大事にしても結局、女子に嫌われそう」など、残念ながら言われたい放題だ。

「番組での食レポやSNSでの投稿が男性受けを狙っていると指摘されたりと、あざといイメージが定着しており、男性人気に相反して、同性からの好感度は低めの吉岡。今回の恋愛よりも友情を優先したというエピソードを明かしたことで、吉岡の見方を改める向きもあったかとは思いますが、その一方で“好感度を上げるための発言”だったのではと、とられてしまっているようですね。まあ、世間の吉岡のイメージといえば、星野源を潤んだ瞳で見つめる“きつね姿”ですから、あんな技を男性に繰り出されたら、友情もへったくれもないというもの。吉岡が友情を取ったところで、男性のほうが吉岡を選ぶに違いなく、友情も崩壊してしまいそうなところがありますから…」(エンタメ誌ライター)

 そもそも、女性200人の声にあまり寄り添えなかったというところが、吉岡の好感度男女格差を如実に示していたのかもしれない。

(権田力也)

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング