山崎夕貴におばたのお兄さんが言った“上から目線”な褒め言葉に非難殺到!

 フジテレビの山崎夕貴アナが8月27日に放送された情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)に出演。夫であるピン芸人のおばたのお兄さんからかけられた屈辱の言葉について明かしている。

 番組ではパートナーの男性の何気ない言動にストレスを感じた女性の怒りの声を紹介していたが、山崎アナも「まあ、いろいろありますよねえ。それは」と告白。

 続けて「私を褒めてくれようとしているときに、いい意味で『顔はタイプじゃないんだよ』って言われたときに『はぁ?』って思いましたよね」と説明した。

 おばたのお兄さんは「人間として好きなんだよ」とフォローを入れたそうで、顔ではなく中身に惚れたということを伝えたかったようなのだが、やはり山崎アナとしては腑に落ちず、「でも『顔はタイプじゃないんだよ』っていらなくないですか?」と、不満げに語っていた。

 この山崎アナのエピソードを聞いた世の女性たちからは「それは確かにムカつくな」「『顔はタイプじゃない』にいい意味もくそもないでしょ」「いい奥さんをつかまえたってことを分かってないみたいだな。一発屋芸人なんだから身の程を知れよ」など、山崎アナに共感する声が上がっており、むしろおばたのお兄さんがバッシングが殺到する結果となっている。

「妻のほうが知名度も収入も夫より上の“格差婚”と言われていますし、結婚前におばたのお兄さんは二股が発覚していたこともあり、山崎アナがおばたのお兄さんを選んだことを理解に苦しむ人が未だに多いのが現状です。一方のおばたのお兄さんは、週に1度は『もうちょっとちゃんと家事してくれると嬉しい』と山崎アナに説教をし、『忙しいのは分かるけれど、俺のお母さんも仕事をしながら家事を完璧にやってる』と、夫婦喧嘩に母親を出してくることも山崎アナに先日暴露されており、ここでも『暇なんだからお前がやれ』と批判を浴びていましたね。今回の発言や、あまり自分の立場を分かっていないところを見るとやや天然なのでしょうが、決して、印象の良いものとはなりませんでした」(エンタメ誌ライター)

“いい意味で”と前につければ何を言ってもいいというわけではないのだ。

(田中康)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング