山口もえも歓迎?ゲス極・川谷の「ツイート炎上」がベッキーを救うか!?

20160314kawatani

 3月10日、ベッキーとの禁断愛騒動の当事者「ゲスの極み乙女。」川谷絵音が騒動後、初めてツイッターに書き込んだ。内容は10日発売の「週刊文春」の記事について、「誰に謝ればいいのか」という発言が誰に対しての言葉なのかに言及したものだ。

 このツイートには1万4000件を超えるリツイートが寄せられ、ほとんどが川谷を批判する内容。これに対してファンが応援の言葉を書き込むと、批判サイドとのバトルが始まり、川谷を越えたところで罵りあう無法地帯と化しているのだ。

「川谷は3月2日のライブで『好きで黙ってたわけじゃないから!』と言い放ち、思いの丈をぶちまけています。ファンには支持されたようですが、一般的なイメージは最悪。それに騒動後、『ゲスの極み~』のCDは売れましたがベッキーは4億円とも8億円とも言われる違約金が発生しています。まだしばらくは、何を語っても炎上するでしょう」(芸能ライター)

 この現象に、3月10日放送の「ゴゴスマ‐GO GO!Smile!‐」(TBS系)に出演した山口もえが「この流れって、ベッキーちゃんが復帰しやすくなるのかなと思う」と持論を展開。のほほんと語ったこのひと言だが、一考の価値はあるのでは?

「釈明会見といい、日本ユニセフへの寄付のエピソードといい、ベッキー側が関与したイメージ回復戦略はことごとく失敗しています。そこで、ベッキーを持ち上げるのではなく、川谷がコメントするたびに火の粉を浴びることで、『ベッキーは被害者』のイメージが強まる、というわけです。しかし、それではいつまでもこの騒動が話題から消えることはないでしょうね」(週刊誌記者)

 まずは一度、完全に世間の目から外れることのほうが先のようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング