「同期のサクラ」高畑充希と橋本愛、大喧嘩からの友情展開に“神回”の声!

 高畑充希が主演するドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系)の第3話が10月23日に放送され、ドラマ放送開始時間が55分繰り下がる中、平均視聴率9.3%を記録。橋本愛が演じる月村百合に対して高畑演じる北野サクラが「ブス」を連呼して大喧嘩。二人の熱演ぶりが大きな反響を呼んでいる。

「このドラマは、新潟の過疎の島に育ち、島に橋を架ける夢を叶えるために上京した主人公サクラ(高畑)と同期の仲間たちが駆け抜けた10年間を1話1年ずつ描いていくヒューマンストーリー。今回は“ミス広報部”“ミス花村建設”と呼ばれる百合(橋本)が、男社会で女性が働きやすい職場ではないゼネコンに失望して寿退社を決意。溜まりに溜まった百合の鬱屈がサクラの前で爆発。『私には夢があります』と話しかけるサクラに対して『夢、夢、夢、夢、うっさいよ!』と口火を切るや悪口雑言。これに激怒したサクラが『ブス!』を連呼して、新潟弁で応酬する姿にネットでは『ブスブス言い過ぎ(爆)』『喧嘩上等!!かっこよかったよ!!』『あり得なさすぎて笑えるくらい、スカッとしたね』といったコメントが躍りました」(エンタメ誌ライター)

 本音をぶつけ合った二人はやがて友情を深めるに至る展開に、感動コメントと共に「神回」だとする声も寄せられている。

「実は橋本が民放の連続ドラマにレギュラー出演するのは、なんとドラマ『若者たち2014』(フジテレビ系)以来、5年ぶり。今年は大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)にも出演していますが、基本は映画女優としてキャリアを積み重ねています。この作品に出演したのは、遊川和彦氏のオリジナル脚本であることが理由だと言われています。制作発表の席で橋本は、主人公サクラについて『根っこの部分はとても人間らしい。私自身が演じる百合よりもサクラに近い気がする』と思いを口にしています」(テレビ誌記者)

 第3話の冒頭では、やがて子を持つ母となった百合(橋本)が、娘に「夢」と名付けるシーンも登場。サクラと友情を深める中で、百合が一体どんな夢を持つに至るのか。今後の展開が待ち遠しい。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング