家事ストレスがヤバい!楽にこなすための対処法

 女性たちは、家事によるストレスを溜めていることが多いようです。

 ママたちが集う掲示板では、「旦那がフリーランスで、在宅ワークしているので、余計にストレス」という声が挙がっていました。普通の会社員の旦那さんであっても、「自分のことは自分でやって欲しい」という妻の悩みは多く聞きます。これらは、家事の手間が増えることのストレスでもあるようですね。ではこのようなストレス、どのように対処できるのでしょうか?

 経済評論家である勝間和代さんの著書「勝間式 超ロジカル家事」(アチーブメント出版刊)によれば、家事も、仕事やビジネスと同じように“ロジカル思考”でいくことがポイントなんだとか。例えば料理にしても、「ご飯と味噌汁とおかずを用意しなきゃ!」と思うとストレスですが、「必要な量のタンパク質、ビタミン、炭水化物の3種類を食べ物で満たす」というフレームワークにあてはめて考えると、ご飯炊かなきゃという思考から解放されるというのです。これを勝間さんは「思考の節約」と呼んでいるそう。ここまで頭脳系の考え方は急には難しいかもしれませんが、少しだけでも家事や育児に対しての見方を変えてみることは、ストレスを回避するポイントなのかもしれませんね。

 また、家事アドバイザー毎田祥子さんの著書「ラクしてちゃんとした暮らしができる! 魔法の“朝だけ家事”」(PHP研究所刊)には、家事をするときに「さあ、家事やるぞ!」と意気込み、無理してやるのはあまりよい結果が生まれないと書かれています。そこで、勧められているのが「ついで家事」。洗顔のついでに洗面所の鏡の汚れをひと拭きしたり、調理の加熱のついでにコンロを拭いたりするようなことです。これを身につければ、「いつの間に家事が終わっている」状態になるそうですよ。

 これらのノウハウ、家事を楽にやっている人たちから学んで、実践してみるのもよさそうですね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング