「知らなくていいコト」吉高由里子、十八番のお仕事ドラマも視聴者は“困惑”

 吉高由里子主演ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系)が1月8日にスタートし、初回放送の平均視聴率は9.4%だった。

 主人公・真壁ケイト(吉高)は、スクープ狙いの週刊誌記者。彼女の母・杏南(秋吉久美子)は有名な映画翻訳家でシングルマザーなのだが、ある日、突然「あなたの父親はキアヌ・リーヴス」との言葉を残し、急逝してしまう。

 遺品整理をしていると、若き日の母とキアヌの2ショット写真が見つかり、ケイトは父親が誰なのかを探り始める。すると、自分が生まれたころに母と交際していたと思われる人物が浮かび上がり、その人は無差別殺人の犯人だった。

 いつもは他人のプライベートを探り、スクープをものにしてきたケイトが、自身の出生の秘密こそが重大案件だと思い悩む。

 この展開に視聴者からは「恋愛ドラマなのか、お仕事ドラマなのか、ヒューマンドラマなのかよくわからなかった」「インパクトに欠けボンヤリした印象のお仕事もの。この先全く期待できません」「コメディなのかシリアスなのかわからないノリで1話終わってしまった」など、戸惑いの声があがった。

「吉高は、『正義のセ』(日テレ系)『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)とお仕事ドラマが続き、高評価を得ていました。ですが、今作はお仕事系にミステリーが加味され、恋愛もありと、まだ1話だけですが混在しすぎているような印象です」(テレビ誌ライター)

 さまざまな要素がてんこ盛りのこのドラマをどうまとめ上げるのか。今後の展開に期待したい。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング