2020/01/26 10:14

ママ・プレママたちの「YouTube」活用術

「子育て中にYouTubeばかり見ていたら、育児に支障が出るかしら…」「YouTubeは子どもに見せるもの? それとも、みんな自分が見ているの?」

 筆者は教育現場で子どもたちを指導してることもあり、YouTubeの自身の子育てへの活用について、かなり考えさせられています。

 Cluex社が2019年7月、全国の「ままのて」Web・アプリユーザーのママ・プレママ10,908名を対象に「YouTube」についてのアンケートを実施し、YouTubeの視聴時間を尋ねた結果、「ときどき見る」(50.2%)との回答が一番多く、これに「毎日見る」(29.9%)、「ほどんど見ない」(16.1%)が続いたそうです。YouTubeを毎日、またはときどき見るママ・プレママは約8割。多くの方がYouTubeを視聴していることが判明しました。

 また、「1週間のうち、YouTubeを視聴する時間」を尋ねた結果は「1時間未満」(52%)が最も多く、これに「1時間以上2時間未満」(28%)が続いたそうです。「いつYouTubeを見ますか?」への回答は「スキマ時間に」(52%)が最も多く、これに「家事をしながら」(23%)、「就寝前」(15%)が続いたそうです。

 さらに、「よく見るジャンル」を尋ねた結果は「音楽」(56%)が一番多く、「コメディ」「メイク・ファッション」「キッズ・ファミリー」はどれも30%前後の票を集めて続いたそう。ママやプレママにとってのYouTubeは、家事中やスキ間時間などに“自分が”楽しむために活用するものとなっている様子。なかなか自分の時間をもてないママ・プレママにとっては、貴重な時間となっているようですね。

 例えば、スマホでのYouTube視聴なら、いつでもどこでも、自分にしか音が聞こえないようにイヤホンなどを使って視聴することも可能。子どもが寝ている間でも、睡眠を邪魔せずに楽しむことができます。時間や場所などを制限されやすいTVよりも、手軽に好きなジャンルを選ぶことができます。

 日々の楽しみやストレス解消だけでなく、ワーママとしてのレベルアップにも活用しやすいYouTube。上手に活用することで、ママ自身の心の安定や学びに役立てることができそうです。

 子どもにYouTubeでアニメやゲームのジャンルばかり見て欲しくないと思う場合は、よりよい活用法をみつけて背中を見せてあげることも大切です。ママのYouTube利用が、家庭の基準となるかもしれませんね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング