役柄は最低だけど演技は最高!重岡大毅「知らなくていいコト」に熱い賛辞

 女優・吉高由里子が主演するドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系)の第3話が1月22日に放送され、平均視聴率10.3%と初の二桁視聴率をマーク。今後の展開に注目が集まっている。

「このドラマは、吉高演じる週刊誌の敏腕記者・真壁ケイトが、母の死をきっかけに自らの出生の秘密を知り翻弄されていくお仕事系ヒューマンドラマ。その中で回を追うごとに好感度が下げているのが、同じ編集部で働くケイトの彼氏だった野中春樹。演じているジャニーズWEST・重岡大毅にも、ファンから心配する声が寄せられていました」(女性誌記者)

 一体なぜ、野中(重岡)は好感度をそこまで下げてしまったのか。

「第2話で、ケイトの父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹(小林薫)であることを知った野中は、プロポーズしていたにも関わらず婚約を破棄。ある日、職場で残業していて二人きりになり、ケイトが話しかけても冷たい視線でケイトを見つめるばかり。耐えられなくなったケイトが『私が何をしたっていうの?私が人殺しだとでも思ってるの?それって、差別じゃない。見損なったよ』と怒りを露わにしていました」(テレビ誌記者)

 これにはネットでも「背筋が凍った」など、恐怖を覚えるコメントが殺到。さらに第3話では、野中がケイトの元カレ・尾高由一郎(柄本佑)を屋上に呼び出し、「結婚したら子供は欲しい。でも相手の父親は殺人犯の娘だったら、誰でも別れる。それが普通の人間としての選択」と自分の思いをぶつけ、尾高に「お前、最低だな」と言われてしまう一幕も。

「しかし、この演技を見たファンからは『重岡くんの演技力には本当鳥肌立った。野中春樹は最低だけど重岡くんの演技は最高』『重岡くん演技上手。嫌な男の役だから見てたらムカッとなるくらい上手』となぜか、喝采の声が寄せられています」(前出・女性誌記者)

 実はファンの間では、演技派として知られる重岡。現に昨年放送された多部未華子主演のドラマ「これは経費で落ちません!」(NHK)では、ヒロインの恋人役を熱演して「第17回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」で新人賞を受賞している。

「この時演じた役柄は、お調子者だけど優しく笑顔の眩しい好青年役。同じようなパターンの役が多かっただけに、今回のドラマの野中役は異色。それだけにオファーがあった時、重岡は『こういった役がやりたかった』と快諾しています。その辺りの事情をファンも知っていて、期待を寄せているようです」(前出・テレビ誌記者)

 好感度を落とせば落とすほど、ファンの評価はアップ。重岡の演技力も見逃せない!?

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング