不満爆発!二宮和也が「暗殺教室」の取材で答えに窮した“恥ずかしい話”とは?

20160402ninomiya

 嵐の二宮和也が3月27日放送のラジオ番組「BAY STORM」で、3月25日公開の映画「暗殺教室~卒業編~」での苦労話を語った。

「二宮が演じたのは、人体実験のモルモットにされたことで謎の生物『殺せんせー』に変身した史上最強の殺し屋『死神』。本作では桐谷美玲演じる女性教諭との過去が描かれています。黄色いタコ型生物になる前の2人の出会いや心のふれあいが泣かせると評判で、映画興収ランキング1位を獲得。二宮が松山ケンイチと共演した映画『GANTZ』『GANTZ PERFECT ANSWER』以来、5年ぶりのアクション映画挑戦というのが売りでした」(映画ライター)

 だが、二宮はどうやらその触れ込みが気に入らない様子。先のラジオ番組でも、「ジャッキー・チェンがね、今まで封印してたものを5年ぶりにやるとかさ、そんなんだったらわかるよ。アクション映画に出てない人間が5年ぶりにアクションシーンに挑戦したなんて、ま、そんなもんだろうなって感じじゃない。もう恥ずかしくてしょうがない、あれ。何とかしてくんないかなと思う」と愚痴りまくり。取材されるたびに、5年ぶりのアクションについて根掘り葉掘り同じことを聞かれ、答えに窮したようだ。

「語るほどアクションやってないからね、何にも言えないわけ。『楽しかったですね』みたいな。ほんと何とかしてくんないかなあと思うんだよ」と、その後もボヤキ節は続く。肝心の出来はというと、「翌朝起きた時に筋肉痛になるくらい頑張ったのに、出来上がりを観たら全く思い出せないようなシーンだった」とか。

 そして、モニターを観ながらアクションシーンのナレーションを入れた際に、ハタと気がついたのだという。

「もうすごいよ、俺のアクションシーン。真っ暗でほとんどわかんない。俺もそのアクションの手順とかもう全然覚えてないから。何やってんだこれ、みたいな感じのアクションシーンですよ」

 ちなみに映画料金以上の価値ありとファンが飛びついたのは、人体実験シーン。二宮のほれぼれする腹筋が拝めるという。

(塩勢知央)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング