2020/06/10 07:15

またも吉村知事に噛み付いたラサール石井に「揚げ足取り」批判

 タレントのラサール石井が6月5日に自身のツイッターアカウントを更新し、再び大阪府の吉村洋文知事のツイートに噛み付いている。

 吉村知事は同日、新型コロナウイルスの感染による死者数が他国に比べて少なかったことに関する麻生太郎財務相の「国民の民度が違う」との発言が物議を醸しているとの報道を自身のツイッター上で引用。

「『物議』ではなく、『分析』して欲しい」とし、「感染が爆発拡大した欧米諸国やブラジルの日本大使館を通じて、現地の日本人、日系人、アジア系の人達と、それ以外の人達とで、感染率や致死率に明確な差異があるのかどうか。ファクターXの一つとなりうる」とツイート。“民度の違い”で終わらせるのではなく、実際にコロナ死者数の明らかな違いに関する因果関係を各国の日本大使館との連携によって調べてほしいと呼びかけた。

 すると、良くも悪くも、コロナ禍におけるツイッター上の“ご意見番”と化している石井は、「『分析』するのは科学者でマスコミではない。もうすでに様々な医学機関でやってる筈ですよ」と吉村知事にチクリ。続けて「大使館が他国の人種別感染の数字を把握できるものですか。ましてや『分析』などできっこない。たとえ東アジアの人間が感染しにくい何かがあっても、それは遺伝子や生活様式の差であって民族の優劣じゃない」と知事が求めた大使館によるデータの掌握や解析は不可能だと反論している。

「営業自粛要請に従わなかったパチンコ店の公表の措置など、吉村知事の政策や言動に対して、事あるごとにツッコミを入れてきた石井。今回もコロナの感染に関する重要なファクターの一つとなりうると期待したコメントに対して、“すでに医学機関がやってるはず”などと反論し、最後には、コロナ死者数の差をもたらした要因について“生活様式の差であって民族の優劣じゃない”と持論を展開。しかし、吉村知事は“民族の優劣”に関する言及などはしておらず、もはや知事へのネガティブキャンペーンのような反論となってしまっています。ネットでもこの石井の見解には『この人はとにかく吉村知事が気になって、いつも見張ってるし、何か反対意見を言える機会を狙ってる』『知事は大変なんだからいちいち絡まないでほしい』『この発言はただの揚げ足取りでしかない』『吉村知事の発言をラサールさんは恣意的に歪めて発信してる』との批判が殺到しました」(テレビ誌ライター)

 現在、芸能界で最も“政治的発言”を頻繁に繰り返しているタレントの一人ではあるが、なかなか大衆のハートを射止めるまでには至っていないのが現状。

「頭が良い人なだけに残念」との声も聞こえ、今後もこのスタンスを取り続けるのであれば、タレントとしての評判の悪化も覚悟しなければならないかもしれない?

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング