「会見して伝説になれ」立川志らく、渡部建の“文春での謝罪”を全否定

 落語家の立川志らくが6月25日、自身がMCを務める情報番組「グッとラック!」(TBS系)で、同日発売の「週刊文春」に掲載されたアンジャッシュ渡部建の独占インタビューについて言及した。

 番組では冒頭から、渡部の謝罪を特集。「千葉では大きな地震があったというのに、これからですか?」と志らくは苦笑するも、「なぜ、週刊誌なんぞに話をするんだろう? 週刊誌なんかに話したって、面白おかしく書かれてしまうんですよ、結局は」と話した。続けて「芸人だったら、謝罪会見する必要はないけど、ちゃんと出てきて、ひのき舞台だと思って、一世一代の見せ場だと思ってさ。関係者各位にはちゃんとお詫びして。ひどい男だな、なんだコイツと言われながらも、面白かったよって。どうせ仕事なんかなくなっちゃうし、好感度なんか戻りゃしないんだから、そこで思いっきり芸人仲間に『すごいね、あんな会見したよ』って伝説になるくらいのことをしたらいいのに。何をこそこそ話しているんだろう」と持論を展開した。

「この志らくの意見を受けてネットでは《独占インタビューで手打ちにできると思ったのかな》《週刊文春に出たってことは、裏で何かあったよね?》《文春が新ネタの公表するのを回避するためでしょ》など、不貞をすっぱ抜いた“仇”である週刊文春において独占謝罪したことに、何らかの取引があったのではないかと勘繰る声も出ています。『活動自粛を宣言したタイミングで謝罪会見を開くべきだった』との意見も多いですが、謝罪会見の後で、渡部の説明を覆す二の矢、三の矢を放たれるのを恐れたとの報道もありました。ただ、今回の文春でも女性たちとの関係を『安全な遊び』と表現してしまうなど、渡部は新たな火種を撒いてしまった。志らくの言うように謝罪会見を開いたとしても、また新たな炎上を招く可能性もあるので、踏み切れずにいるのでしょう」(芸能記者)

 涙の独占謝罪も、騒動の火消しには至らなかったようだ。

(多部順)

Asa-Jo チョイス

  1. 165060

    毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

    生理のせいで、時々、あーっ…! と思うことはありませんか? たとえば旅行とタイミングがぶつかってしまった時、仕事や学校などが忙しく休みにくいのに体調が悪くなった時、温泉やプール、海などに遊びに行こうと思った時。小~中学生 … 続きを読む 毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

  2. 164837

    40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

    普段は隠れているところだけれど、美しかったらいいな、服越しにかっこよく見せたいな、と思う体の部位といったら断然バスト。なぜなら、人と会う際、顔を見るのと同時に視界に入ってくるのがバストだからです。つまり、あなたの第一印象 … 続きを読む 40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング