「ハケンの品格」視聴率がV字回復、“大泉洋のおかげ”は本当か?

 篠原涼子主演ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の第5話が7月15日に放送され、平均視聴率は13.1%だった。

 同ドラマは、初回14.2%と高視聴率でスタートを切ったが、2話、3話はともに11.9%とダウン。しかし、第4話には東海林武(大泉洋)が登場し、12.7%と8ポイント回復。東海林が東京本社に復帰した今話では、さらに0.4ポイント上昇した。

 回復した理由については、やはり大前春子(篠原)の天敵であり、男女として微妙な関係でもある東海林の存在が大きいようだ。

 視聴者からも「2人のやり取りに思わず笑った」「やっとハケンの品格になったよね」「くるくる(大泉)いなきゃハケンの品格とは言えない」「大泉がいるとどうしてこんなに面白くなるんだろう」などの声が多数寄せられるほど、このドラマにおける東海林人気は、根強い。

「初回には、北海道の旭川に飛ばされていた東海林が出演していましたが、2話と3話では出番がありませんでした。このドラマでの東海林のポジションはストーリーの要であり、大前が特殊技能を発揮するきっかけでもあります。今話でも東海林の窮地を救ったのは大前でした。視聴率がアップしたのは、やはり大泉のおかげと言えるでしょう」(テレビ誌ライター)

 第6話では、東海林の同僚で大前の上司である里中賢介(小泉孝太郎)、東海林、大前の恋模様が動く気配。この勢いで、視聴率をさらに伸ばすことができるか。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング