コロナ対策ゼロ?加藤紗里の“密な集合写真”がヤバすぎると物議

 タレントの加藤紗里が7月16日に自身のインスタグラムアカウントを更新し、新型コロナウイルスへの対策がほぼ取られていないと思しき“密な集合写真”をアップしている。

 加藤は「昨日の撮影終わりにまさかの、、、またまたサプライズ みんなありがとう」と綴り、大量のフルーツが乗った大きなバースデーケーキを囲む総勢13名の関係者との集合写真を公開。6月19日に30歳の誕生日を迎えてからおよそ1カ月が経過した現在も祝福を受け続ける加藤だが、世間が驚いたのはその集合写真に写るあまりに無防備な姿だ。

 中央でケーキを抱える加藤の両サイドには、一般的なコロナ対策として設けるべきだとされる2メートルのソーシャルディスタンスは保たれておらず、かなり密着した状態でソファーに横並びに。また、13名のうち、マスクを適切な形で着用しているのは2人のみで、全員が連なって肩を寄せ合う“超3密”空間となっている。

「4月には待望の第一子となる女児を出産している加藤だけに、今回の集合写真には多くの心配と批判的な声が殺到しています。コメント欄には『とても赤ちゃんがいる母親には思えないです』『マスクも着けずに何してるのかな?』『赤ちゃんにうつったらどうするんですか?』『体調管理気をつけてくださいね!』との書き込みが。また、ネットにも『親になったんだから節度ある行動できないのかな』といった反応が並び、密な会合による周囲への影響を懸念するものもあります。タレントであれば、撮影時のみマスクを外している可能性もありますが、写真からそういった雰囲気ではなさそうですね」(週刊誌記者)

 また、連日のように6月のバースデーイベントや会合に明け暮れる加藤には、“育児放棄ではないか”との指摘もあり、生まれたばかりの子供との時間を優先してほしいという声もある。

 各家庭の教育方針には十人十色の考え方があり、それらを比較することはできないが、加藤家は一般家庭よりもややファンキーな空気感であることは否めないだろう。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング