のんと小泉今日子が映画でコラボ、「あまちゃんファミリー」鉄の絆!

 芥川賞作家・綿矢りさの小説「私をくいとめて」が実写映画化されることが7月22日に明らかになり、女優で創作あーちすと・のんが出演することが発表された。

 この作品は、31歳のおひとりさまヒロイン・黒田みつ子(のん)が、林遣都演じる年下の営業マン・多田くんに恋をしてしまう崖っぷちロマンス。メガホンをとるのは、同じ綿矢りさ作品「勝手にふるえてろ」で東京国際映画祭コンペティション部門・観客賞などを受賞した大九明子監督。この役を演じたのんは「考えすぎて自分で行き詰まっていく不器用なみつ子がとても愛おしい。早く皆さんに観ていただきたい」とコメントしており、今冬の公開が待たれている。

 のんは今年2月に公開された映画「星屑の町」にもヒロインとして出演。7月31日には、岩井俊二監督による映画「8日で死んだ怪獣の12日の物語」にも出演することが明らかになっている。

「この作品は、コロナ禍でも最新のエンターテイメントを届けたいという思いから岩井俊二監督、斎藤工、武井壮、『シン・ゴジラ』の樋口真嗣監督がチームを組んでYouTubeで配信していた『8日で死んだ怪獣の12日の物語』に、のんが新キャストとして加わったもの。岩井監督が全編ほぼリモートで撮影し、脚本や怪獣の造形も兼任。コロナと闘うカプセル怪獣の飼育が予想外のアクシデントに見舞われるという作品です。しかも、この作品の主題歌を小泉今日子が担当。33年ぶりに『連れてってファンタァジェン』をセルフカバーすることも発表されています」(女性誌記者)

 のんは、昨年8月下旬に下北沢で行われた音楽劇「私の恋人」で主演を務めた。この舞台の座長で演出を担当したのは「あまちゃん」にも出ていた女優の渡辺えりで、小泉をはじめあまちゃん出演者が大勢観に行ったことが報じられている。

 もし、のんと小泉、そして“あまちゃんファミリー”がこぞって出演することになれば、大きな注目を集めることは間違いない。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング