2016/04/20 17:58

矢口真里、ベッキー…男女間でなぜ違う「不貞問題」への寛容度

20160420futeimondai

 矢口真里、新垣隆が出演し、ビートたけしが「いまだ!バカやろう!」と呼びかけるカップめんのCMが、視聴者からのクレームが相次いだことで打ち切りになりました。

「失敗してもやり直せばいい」というメッセージ性を持ったCMだっただけに、放送中止を残念に思った人も多かったことでしょうが、そんな最中、元女優でタレントの上原さくらさんが3年ぶりに芸能界に復帰したというニュースが報じられました。

 一部週刊誌の記事によれば、上原さんは再婚した建築関連会社社長との離婚調停中に不貞が報じられ、芸能界から事実上の引退状態となっていましたが、現在では別の事務所に所属し、大学に通いながら執筆活動にも興味があると話しているそうです。

 前述のカップめんのCMや、番組出演自粛にまでなったベッキーの騒動にしてもそうですが、最近は過去の失敗、特に不貞問題に対して、芸能人、一般人問わず厳しい評価をする人が増えている傾向にあるようです。特に不貞問題に厳しいのが女性たち。その背景にはいったいなにがあるのでしょうか。昨今の恋愛関係に詳しい女性誌ライターはこう話します。

「女性向けネット掲示板でも、不貞のひとことを出すだけで総叩きに遭っている人が多くいます。多くは専業主婦で、社会との関わりが薄い分、夫との関係性が人間関係の中でも拠り所になっているため、男性の裏切りは許せないという感情が強くなるのでしょう。自分はその関係を裏切られたら、頼る先がないわけですから」

 また、男性だけでなく女性の不貞についても同様に厳しいことについては、

「特に何事も起こらない日常に退屈している女性にとっては、女性側の不貞は嫉妬の対象にもなります。いい思いをしている女性には天罰がくだればいいのに、と思う女性も多いんです。男性と関わりながら外で働いている女性だと、男女が集まる場所にはそういうこともあるだろうと、そこまでうるさく他人の不貞に目くじらを立てる人は少ないですが‥‥」

「不貞」をどこかで許容する男性社会と、いつも被害を被る女性社会との微妙な見解の違いといったところでしょうか。とにかく、不貞はドラマや映画だけでときめいておく程度にとどめておいてくださいね。

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング