立川志らくは黙殺?「グッとラック!」美人レポーターを襲った不幸の連鎖

 落語家の立川志らくがMCを務める情報番組「グッとラック!」(TBS系)が揺れている。美人リポータとして知られる上路雪江が理不尽な理由で切り捨てられたと、8月18日発売の「フラッシュ」が報道。上路リポーター、本当にツキがないようで……。

 問題となったのは7月22日の放送。新型コロナウイルスのクラスターが起きた東京都足立区のフィリピンパブを上路レポーターが取材したときのこと。あろうことか、「話を聞くだけ」という約束だった取材相手の発言を放送してしまったのだ。取材相手は番組に抗議し、8月3日の放送で同局の国山ハセンアナが謝罪した。

 上路レポーターは現場でディレクターの指示通りに取材しただけだったが、番組上層部から「8月いっぱい稼働NG」と伝えられたという。しかし、担当ディレクターは通常通り、勤務。この処遇に上路レポーターは納得していないというが、ごもっとも。同誌は“番組の顔”である志らくを直撃したが、「知らない」「事務所を通してください」などとにべもない。

 志らくにまで見捨てられてしまった上路リポーターだが、過去にも苦い経験があった。

「『グッとラック!』の前番組の『ビビット』でも上路レポーターは取材を担当していました。元メジャーリーガーのイチローが19年3月、引退発表記者会見を開いたときのこと。上路レポーターは、最後の試合でイチローが引き揚げる際、先発した菊池雄星投手と言葉を交わしたシーンについて、どんな会話をしたのかを質問。イチローは「プライベートなことなので」と明かしませんでしたが、上路レポーターは『秘密ということ?』と食い下がりました。イチローは『そりゃそうでしょう。2人の会話だから。しかも僕から声を掛けているので。それを僕から『こんなことを僕が言いました』って……バカですよね?』と、ややキレ気味でした。ネット上では上路レポーターの質問に非難が集中しましたが、視聴者もイチローと菊池の会話が気になったと思います。それを代弁して質問した上路レポーターは少し気の毒ですね」(テレビ誌ライター)

 上路レポーター、グッドラック!

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 125211

    実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

    「偽善ヅラのマウント女に仕掛ける壮絶な復讐」、「ウソをバラまき新居を乗っ取ろうとする執拗な姑」、「親の借金、妹の賠償、金に翻弄される不幸女のドロ沼」……etcこんな文言に見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? … 続きを読む 実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

注目キーワード

ランキング