フワちゃん、お笑いの実力でニューヨークをボコボコに!?

 YouTuber芸人として人気沸騰中のフワちゃんが、9月1日放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)にて、M-1グランプリの決勝進出歴もある実力派芸人を見事なお笑い反射神経でコテンパンにやっつけたという。

「この日はゲスト出演の剛力彩芽に対して芸人たちが様々なネタを披露。なすなかにしは、同番組でおなじみの『アングリーゲーム』を実践してみせました。これはカードに書かれたお題に対して無理やり怒ってみせるというもので、笑いの反射神経が問われるゲームです。同ゲームに挑戦したニューヨークの屋敷裕政は《肩凝り》に対して『ここ痛いぞ!』、《お化け》に対しては『怖いぞ!』といった安直な言葉しか絞り出せず、自らの不甲斐なさに『すごいストレスですね』との負け惜しみを口にしていました」(テレビ誌ライター)

 ここでMCのヒロミが「フワやってみるか?」と促し、フワちゃんが剛力ら出演者全員の注目が集まるなかアングリーゲームに挑戦だ。そのフワちゃんは《ダンゴ虫》《毛虫》《イモ虫》《カミキリ虫》の虫4連発に対して「踏んづけてやる!」と軽快なリズムで連呼。最後の《茶碗蒸し》には「美味しく召し上がってやる!」と表情豊かな返しを見せ、スタジオを爆笑の渦に巻き込んでいた。

「この出来栄えにはフワちゃん自身も『まさかの5段オチに挑戦しちゃいました』と納得の笑顔に。それに対して目の前でフワちゃんに会心の芸を見せつけられた屋敷は『お笑いのテクニックでボコボコにされた感じです』とあきらめ顔になっていました。アンチからは《今年で消える》《ギャアギャアうるさいだけ》と批判されがちなフワちゃんですが、芸歴でも実績でも上をいくニューヨークに負けを認めさせるほどのお笑い反射神経を示す結果となったようです」(前出・テレビ誌ライター)

 番組の終盤には剛力彩芽とまったく同じ衣装、かつ同じメイクで登場してみせたフワちゃん。MCの後藤輝基からは「顔の大きさがもう…こんなん違うか!?」とイジられていたが、そんなディスすらも「彩芽です!」の決め顔で笑いに転換してみせた反射神経が、一発屋レベルに収まっていないことは明らかなようだ。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング