怖すぎる!ゆきぽよ「女子メンタル」で見せた“戦慄のイッキコール”

 モデルでタレントのゆきぽよが10月24日放送の「まっちゃんねる」(フジテレビ系)に出演し、「女子メンタル」企画に挑戦した。

 AmazonPrimeにて配信中の“密室笑わせ合いサバイバル”「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」から派生した「女子メンタル」は、挑戦者が全て女性タレントで構成された実験的新企画だ。

 今回は、朝日奈央、浜口京子、ファーストサマーウイカ、松野明美、峯岸みなみ、金田朋子、そしてゆきぽよが参戦し、様々な小道具、特殊メイクなどを駆使した熾烈な笑わせ合いが展開された。

 途中、ゆきぽよは黒ひげ危機一髪を使い、負けた人は罰ゲームとしてセンブリ茶を一気飲みするよう提案。序盤からいきなり松野がハズレを引いてしまうと、ゆきぽよは手を叩いて一気飲みのコールを開始。なかなか一気にセンブリ茶を飲み干すことができない松野に対し、「早く飲め~」「遅い、遅い、遅い」「コールをするのが面倒くさい」などと軽快なリズムに乗せて煽り続け、視聴者からはその様子が“怖すぎる”として様々な反響が寄せられている。

「笑顔を見せてはいけないという番組のルール上、ゆきぽよは無表情のままコールを続け、最年長の松野にも荒々しい言葉遣いで煽っていました。また、黒ひげ危機一髪の罰ゲームとは関係なく、その後に水を飲みたいと訴えた浜口がコップを持つや否や再びコールを開始。これに浜口が反応してしまい、思わず笑みをこぼしたことで彼女は退場することになりました。ゆきぽよの攻めの姿勢が奏功した瞬間でしたが、SNSでは挑発的な言葉遣いのゆきぽよのコールに対し、『ただの悪口やん 笑』『ゆきぽよのコールは危ない人のにおいがする』『コールの仕方、無理』『この一気コール、陰キャは震えるで』との反応が続出。中には『ゆきぽよに虐められたことないのに、ゆきぽよに虐められた架空のトラウマで泣きそう』といった声も出ています。30歳近く年上の松野相手に容赦なくタメ口でコールを仕掛ける姿に恐怖感を抱いた人が多かったようです」(エンタメ誌ライター)

 その後は着ぐるみを着用しながらキレのあるパラパラダンスを披露するなど、終始“ギャルキャラ”を前面に出して勝負したゆきぽよ。戦慄の一気コールを手慣れた雰囲気で披露し、普段の飲み会での様子もなんとなく窺い知ることができたのであった。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング