2016/02/19 09:58

梅宮アンナの異常な子育て論が「虐待親の自己弁護」と大ヒンシュク!

20160219umemiya

 ひとり娘との大ゲンカなどが原因で、父・梅宮辰夫宅での三世代同居をあきらめ、別居状態にある梅宮アンナ。今月発売したエッセイに綴られた私生活に対しては世間から「育児放棄」との声もあがっている。夕刊紙の取材でそんな声に反論しているアンナだが、子育て中の女性誌ライターが憤慨した様子で語る。

「アンナさんが取材で語っている内容は、虐待親の自己弁護に聞こえてしまいます。娘さんとの大ゲンカについて『いつも真剣にぶつかってくるから』と言い換えていますが、家具が壊れてしまうような母娘ケンカは明らかに異常です。しかもケンカに至った原因の一つは勝手に娘さんの荷物を廊下に放り出したことなのに、なぜか『今まさに反抗期』だと娘さんのせいにしてしまっている。一体、誰の目線で語っているのかと驚きますね」

 そんなアンナはまるで一般論であるかのように、「ずっと一緒にいるとケンカになるので、ある一定の距離ってすごい大事なんだなと思う」とも発言。この論理に従うと、あらゆる親子は別居すべきということになるわけで、暴論との批判は免れないだろう。女性誌のライターが続ける。

「アメリカに行ってみたいと言う娘さんについて、アンナさんは『留学させることも考えています』と呑気に答えています。しかし14歳の子供が親元を離れての海外暮らしを考える時点で、すでに異常な親子関係だと気付かないんでしょうか。しかも祖母の梅宮クラウディアさんがロサンゼルス生まれのアメリカ人なので、その影響を受けている可能性もあります。おそらく娘さんは母親よりも、愛情をもって接してくれる祖母のほうに懐いているのかもしれません」

 ちなみにアンナは、一人っ子の娘が精神的にませているとも語っている。だが一人っ子家庭は15%程度と珍しくなく、都会ではさらに割合が増えるのが実情だ。となると娘がませているのは家庭環境に理由があると考えるほうが合理的だろう。このように子育てを放棄しているアンナはまさに、自著のエッセイ「女は『ひとりの時間』に磨かれる」のタイトルを地で行く状況のようだ。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 32208

    結婚を諦めていた女性が、あるきっかけで結婚相談所に登録した理由!

    久しぶりに帰省すると、高校の同級生や地元の友人達が結婚していて焦りを感じることってありますよね。いままではむかしの思い出話や近況報告をして深夜まで盛り上がっていたのに、会話も夫のグチや子どもの話など家族の話が中心になり、 … 続きを読む 結婚を諦めていた女性が、あるきっかけで結婚相談所に登録した理由!

  2. 32020

    美しい歯並びで女子力アップ 気になる歯の矯正とは?

    英会話、料理、スポーツジム、ヘアケア、エステ‥‥女子力アップのため自分磨きに余念がない20代~30代の独身OLたち。そんな彼女たちの間で、最近気になっているのが“歯の綺麗さ”だ。女性誌でも「歯並びが悪い女性はマイナス印象 … 続きを読む 美しい歯並びで女子力アップ 気になる歯の矯正とは?

  3. 24889

    周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

    ヘアスタイルを変えたり、新しい洋服をデビューさせたり、あなたのちょっとした変化を周りは、気付いているものです。周りからの視線が変わったり、「ちょっとイメージ変わったね」などと言われると嬉しいものですよね。髪型や服装で「可 … 続きを読む 周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

注目キーワード

ランキング