2020/11/16 07:14

「みたいな」「なにげに」……まだこんな“若者言葉”を使っていませんか?

“若者言葉”を職場で使う社員を前にして、「えっ?」と感じた経験はありませんか?「ここはもう学校じゃないのよ!」と言いたくなりますが、仕方がないのかもしれません。それは、自分でもいまだに使ってしまっているからかもしれません。

 大学講師で作家の唐沢明さんの著書「敬語すらすらBook」(成甲書房刊)によると、「渋谷とか行きます」と「とか」を使ったり、「わたしって低血圧じゃないですか、朝、起きれないんですよね」などのように「~じゃないですか」と個人的な事柄について同意を求められたりすると、不愉快な印象を与えてしまうのだとか。

 また、「みんなで行こうか、みたいになって」など、様子を人に伝えるときに「~みたいな」を使っていませんか? これは本来、あるものに例えるときに使う言葉。それをこのように、話をぼやかした言い方をするのはNGです。「みんなで行きましょうということになりまして」とストレートに言えばいいのですが、なんとなく使ってしまいがちですよね。

 他に、「何気に」も使いがちです。例えば、「昨日は、何気にお菓子いっぱい食べちゃいました」という表現。「昨日は、たくさんお菓子を食べました」でいいのです。「なんとなく」と言いたいのでしょうが、あいまいな表現になるので、目上の人に使うのはNGなんだそうですよ。

 箏曲演奏家で伝統文化コーディネーターの小柴皐月さんの著書「一流のふるまい日本語編 美しい言葉えらび入門 人間力を上げる敬語力」(インプレス刊)には、若者言葉はどれも言葉の響きは美しくないと書かれています。中でも、「めっちゃ」「きもい」「切れる」「ネタ」「がっつり」などを使うと、人の格をグンと下げてしまうのだとか。

 友人や家族ならまだしも、社会人としては極力使わないようにしたいですね。

Asa-Jo チョイス

  1. 100375

    先が見えない今だからこそ考えたい! 話題の“オンラインセミナー”活用術

    昨今のリモートワーク急増により、多くの場面で“オンライン化”がニューノーマルとして定着しました。同時に、こうした変化の不安からか在宅中の余暇を“学び”に充てる人も多く、手軽に参加できるオンラインサロンやセミナーのニーズが … 続きを読む 先が見えない今だからこそ考えたい! 話題の“オンラインセミナー”活用術

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

注目キーワード

ランキング