田中みな実、彼氏がハマったら即座に「ナシ判定」する娯楽アイテムとは

 フリーアナウンサーの田中みな実が5月12日放送の「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演し、ゲームにハマる男性に抱いてしまうという正直なイメージを語った。

 田中は、異性との恋愛の相性を図る一つの基準として、生活スタイルが重要だと指摘。男性の自宅を「チェックしたい」とし、家具の色など細かい要素も気になってしまうという。

 これに対し、女優の西野七瀬が「休みの日とかはお昼からゲームをずっとしていても何も言わない人がいいですね」と明かすと、田中は「私、ななちゃんが男の人だったら合わないと思うのよ」と一蹴。その理由を「ゲームする時間、自分にとって凄い大事じゃん? 私、ゲームってダラけてるって思っちゃうの。ごめんね、私の勝手なものさし」と説明していた。

 さらに、「家に行って、ゲーム機とかゲーム用のイスがあったら、ワー!って思うもん。NO!って」と拒否反応を示し、ゲーム好きの男性は恋愛の対象外のようだ。

「西野の見解を真っ向から否定し、『男だったら合わない』と言い放った田中ですが、ネットでは西野への同情の声が集まり、『個々の価値観の違いなので仕方ないとは思うが、言葉を選んで発言すべき。自分中心で完全否定しているところが残念に思う』『あえてゲームをする人に対してNO!などと言う必要はない。感じが悪い』『世のゲーマーに失礼』との苦言が出ています。

 また、田中は今年3月よりNTTコミュニケーションが運営するプロバイダーサービス『OCN』の広告塔として起用され、プロゲーマーの大友美有さんと共演。CM『eスポーツプレイヤー』篇では、『オンラインゲームは60分の1秒を競う世界なんです』と熱心に語っていた大友さんに対し、感心した様子で聞き入っていました。この時も、もしかすると田中は心の中で『ダラけてる』という印象を抱いていたのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 ハッキリとした物言いをすることから、恋愛番組においては重宝される存在の田中ではあるが、特定の分野に対する偏見を含んだ発言は控えたほうがよさそうだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング