松岡昌宏が思わず苦笑!国分太一、自己アピールを狙ったネタふりに“あざとい”評

 テレビのバラエティ番組などで自身のおしゃれな写真を披露し、自分語りをすることですっかり「あざとい」キャラになってしまった国分太一。5月26日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)でまたしてもあざとい言動を行い、世間の失笑を買っている。

 この日のゲストはミュージカル俳優で歌手の山崎育三郎。国分は山崎に対して「芸能界で山崎育三郎にいちばん詳しい人誰?」という質問を行った。「接点がないはずの僕とも仲がよかったりとか、ミュージカルスターもいっぱいたぶん友達だと思うんですけど、いちばんザキさんのことを知ってるのは誰なのか」という疑問からこの質問に至ったと国分は説明している。

 山崎の答えは「やっぱり太一さん」。すると国分は「わっ、マジそうなんだ。うれしい」と大喜び。ところが即座に松岡昌宏が「なんかやらしいね」と指摘。ハリセンボンの春菜からも「それを引き出すための質問なんじゃないですか?」とツッコミが入った。

「自分の名前が出るのをわかった上で国分はこの質問をしたのではないかと、2人は思ったのでしょう。同様に感じた視聴者も多く、『国分の思惑が見えるな』『相変わらずセコい』という声がネットに寄せられています」(芸能ライター)

 松岡と春菜に指摘されながらも国分は笑ってスルー。その後、山崎から「太一さんは美味しいコーヒーを入れてくれる」「なんでもしてくれます。座っているの見たことがない」「庭にテント立ててくださる」と国分のかっこいいエピソードが次々と飛び出した。

「国分の思惑は大成功だったと言えるでしょう。そんなアピールをしているくせに、松岡がプライベートでもカメラを回して国分の素顔を明らかにしようと提案すると、『いやらしいこと言わないで。プライベートの時間になるから』と拒否。釈然としないものがありました」(芸能ライター)

 生き馬の目を抜く芸能界で生き残っていくには、これぐらいのあざとさがないといけないのかもしれない。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング