Zeebra、コロナ対策無視の名古屋野外フェス出演謝罪にネットは賛否両論

 ラッパーのZeebraが8月30日、自身のツイッターを更新し、前日開催された野外イベントへの出演について謝罪を表明した。

 Zeebraが参加した野外フェスイベントは愛知県国際展示場で開催された「NAMIMONOGATARI2021-the next world story-」。Zeebraは「昨日のNAMIMONOGATARI、県のルールに則ってると聞いていたので出演しましたが、開けてみたら危険な状況でした。会場に向かう最中SNSで会場の写真を見て、すぐにスタッフに連絡をし、司会からマスクの着用を徹底させる様に伝えました」とツイート。その後も「自分の事務所スタッフは消毒液を配布しながら会場を回り、自分のステージでも注意を促しましたが、そもそも出演すべきではなかったという意見もごもっともだと思います」と連投し、最後に「国民の皆さんに多大なご心配とご迷惑をお掛けした事、ヒップホップシーンを牽引する立場として責任を感じてます。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 ネットでもこのイベントに関する批判が圧倒的で、その中には《主催じゃないから難しいかもしれないが、会場の状況知った段階で辞退すべきだった。1度コロナに感染してるのにトップがこれじゃあ》《責任を果たしたいのであれば、この先のフェスがどうあるべきなのか、感染症対策をどうすべきなのかを発信して実践していってほしい》《確信犯的なやり逃げ開催に参加した事自体アウト》などZeebraを咎める声も少なくなかった。一方で、《Zeebraはイチ出演者なので、彼を批判するだけでは問題は解決しないと思う》《こういうのを全てタレントのせいにするのは間違っていると思う。タレントの責任にしてしまうからいつまで経っても変わらない。本来は主催者、タレント事務所側の責任》などZeebraを擁護する声も。

「Zeebraは今年1月に新型コロナウイルスに感染。幸い軽症で回復していますが、人一倍、感染拡大を気にしていたはず。危ないところには近づかないという判断もできたはずで、そのほうが批判も少なかったでしょう。しかし、責任感の強さからあえて出演し、1人でも多くの客や共演者に感染症対策の徹底を伝えたかったのではないでしょうか」(芸能記者)

 Zeebraの謝罪で、ヒップホップ界と観客の感染防止意識を変えられるだろうか。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング