真木蔵人がノーマスク観客にガチギレ説教!愛知野外フェスで株を上げた?

 大炎上を巻き起こした野外音楽フェス「NAMIMONOGATARI 2021」だが、MCを務めた俳優でラッパーの真木蔵人が観客に向けて「最低限のルールは守れよ!」と呼びかける姿が話題を集めている。

 同フェスは8月29日、緊急事態宣言下の愛知県常滑市にて開催され、客にアルコール類の提供があった点や、ソーシャルディスタンスが守られていない“密な状態”に対する批判が殺到。さらにマスクをつけずに大声を出す客も散見されるなど、十分な感染拡大防止策が施されておらず、同県の大村秀章知事も怒りの声をあげていた。

 そうした中、TikTokやツイッターといったSNSで、とある動画が拡散され話題に。MCの真木がステージ上から強い口調で「盛り上がるのはいいんだよ。でも、マスクはつけてくんねえ? お前たちがお前たちの手でお前たちのイベントぶっ壊してどうすんだよ」とラップ調で観客にマジギレ説教を展開。続けて、「マスクくらいしてやってくれよ。だから俺たちこれ開催できるようになったんだぜ。なんでしねぇんだよ」「調子に乗ってんじゃねえぞ。俺がすぐこのイベント中止にできるんだぜ」「お前たち騒ぎてえんだろ。楽しみてえんだろ。最低限のルールは守れよ」とまくし立てると、「俺たちは感染を広げるためにこのイベントやってんじゃねえんだよ。わかるか? 調子には乗んな! まじで!」とも強調。「ほかの言うことは聞かなくてもいいよ。今日だけ聞いてくれよ」とイライラを募らせつつ、呼びかけていた。

「ネットでは、このアツい“ガチ説教”に対し、一部から『この人が何かアクションした所でどうにかなる状況じゃなかったと思う』『飛沫バンバンの密状態じゃ‥‥マスク以前の問題』とする指摘も出ていますが、MCとしての立場からイベントを安全に終えたいとする思いが伝わるものだったとして、『若い頃からアウトローだったけど、これぞ本当のアウトロー。後で参加すべきじゃなかったとか謝罪する奴らに比べたらよほどカッコいいよ、真木蔵人』『こういう人が1人でもいたというニュースが上がってよかった』『勇気がいる行動だったと思う』『株を上げましたね』『唯一まともな人がいたのか』『いい発信の仕方。参加者からも発信してくれるとファンの方には刺さるものがあるだろうし、周りの雰囲気を変えるキッカケにもなる』など称賛がズラリ。音楽を愛するファンが集まっているはずの場で、音楽業界を壊しかねないマナー違反があったことが、真木には許せなかったのでしょう」(テレビ誌ライター)

 アウトロー感満載のコワモテの真木から発せられた「最低限のルールは守れよ」との言葉は、とりわけコロナ禍では大きな意味合いを持つものだったのかもしれない。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング