内田有紀、公私にわたり支えとなる元俳優の存在を告白に「白線流しの人だよね」

 女優の内田有紀が10月14日、トーク番組「A-Studio+」(TBS系)にゲスト出演。マネージャーを務めパートナーでもある“元主演クラス俳優”について語った。

 内田のパートナーについて触れたのはMCの笑福亭鶴瓶。かつて自宅近所のコンビニで内田とパートナーが2人でいるところに遭遇したことを告白し、「ここのマネージャーがまた、ええマネージャーやねん、ホンマに。昔からよう知ってんねん」と称賛した。鶴瓶は相手の名前は出さずに「真ん中にいてた人や。主役をしていた人」と明かし、内田に対しても「その人があなたに賭けてくれるってすごいこと」「よう、あんなことができるようになったんやな、マネージャーとして」と感心しきりだった。

 それに対して内田は、当初は演技コーチをしてもらっていたことを明かしつつ、やがてマネジメントもしてもらうようになったと告白。「そばに演技のコーチがいてくれることで、演技のクオリティが上がるというか、やっぱりいちばん、自分の芯というか、核心の部分を知っているのはパートナーじゃないですか。家族ですよね」と仕事だけでなくプライベートでも大切な存在であることを語った。

 ネット上ではこの内田の発言に、《柏原崇よね。テレビで名前出しちゃダメなのかな》《柏原崇、かっこよかったね》《柏原崇さん、好きでした。(出演していたドラマの)「白線流し」とか「イタズラなKiss」とか、イケメンで》など、番組で名前が出なかったにもかかわらずマネージャー兼パートナーは俳優の柏原崇だとする声が続出した。

「柏原は内田のマネージャー兼パートナーであるということは公然の事実で、2人は10年頃から交際をしており、お互い離婚を経験しているということもあって事実婚という形に落ち着いているようです。

 今年5月には『週刊文春』でも『内田有紀の現場にいつもいる“仕事のできるイケメン”は柏原崇だった』という記事が報じられており、番組内で柏原の話題に触れたのはこの記事を受けて、誤解のないように自ら語りたいという内田の意向が反映された可能性もあります。名前が出なかったのは柏原が表舞台で出るつもりがないからでしょう」(芸能記者)

《カッシーまた出てきてほしいな》と期待を寄せる声もあるが、2人にとっては今がベストの関係なのかもしれない。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング