鈴木福のNiziU東京ドーム“ネタバレ”投稿に批判もゆず、セカオワならセーフだった?

 俳優の鈴木福が自身のインスタグラムでうっかり“ネタバレ”投稿をしてしまったことを11月23日、ニュースサイト「週刊女性PRIME」が報じた。

 同記事によると、鈴木は11月20日にインスタグラムで9人組グローバル・ガールズグループ・NiziUの東京ドームライブへ友達と行ってきたことを報告。しかし、現在見られる投稿はいちど公開された後に修正されたものだという。

 実は鈴木は、ライブで披露された曲や構成について一部ではあるが“ネタバレ”をしてしまっていた。投稿後に指摘を受けて、該当部分を削除したという。鈴木は同様の内容をツイッターでも投稿しており、こちらも一旦削除して再投稿。その後「先ほどのツイート、すみませんでした! あまりに最高な時間を過ごせたので、みんなに共有したくなっちゃいました。1週間待ったから大丈夫だと思った僕が軽率でした… 以後気をつけます! 京セラドームに行かれる皆さん、素敵な時間をお過ごしください!」と謝罪ツイート。この対応にネット上では批判や叱責の嵐となっている。

「ネットやSNSの発達によって、公開中のライブ、映画、舞台などの内容は調べればある程度わかるようになってきました。そのため、近年は“ネタバレ禁止”文化がネットで形成されています」(芸能記者)

 アーティストやアイドルのファンの間ではライブツアーが全て終わるまではセットリストや演出内容などがわかる感想を投稿しないという“暗黙の了解”はもちろん、ネット記事でも内容に触れる場合は「※これから先は内容に触れる表現があります」といった前置きがされるケースが増えてきているという。

「一方でネタバレをオープンにするアーティストも増えつつあり、代表的なところではゆずやSEKAI NO OWARI、きゃりーぱみゅぱみゅなどはスマホなどでライブの撮影を許可し、SNS拡散可にしています。ライブの内容が断片的に漏れることで逆に興味を惹きつけ、視聴やチケット購入の促進につなげているわけです。どちらがよいとは断言できませんが、撮影不可の場合は必然的にネタバレもしないほうがいいでしょうね」(前出・芸能記者)

 ちなみにNiziUのライブはどうなのかというと、撮影はもちろん、SNSなどへ投稿は一切不可。やはり、ライブツアーが終わるまで鈴木はネタバレ投稿を控えておいたほうがよかったようだ。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング