「まるで昭和の活動家」宇多田ヒカルの老け顔ショートボブ表紙が痛すぎる

20160908utada

 9月28日に8年半ぶりとなるアルバム「Fantome」をリリースする宇多田ヒカル。その宣伝のためかメディアに登場する機会が増えているが、彼女のルックスが“劣化”しているとしてファンから驚きの声があがっている。

 新アルバムのカバー写真が公開されたときから劣化が指摘されていたのだが、カバー写真はソフトフォーカスがかかっていたため、あくまで疑惑に過ぎなかった。

 ところが、テレビや雑誌で嘘偽りのない姿を晒すことになったため、疑惑が確信に変わってしまった。

「特にひどいとされているのが9月27日に発売される音楽雑誌の表紙写真です。前髪が切りそろえられたショートボブで、口を半開きにした宇多田が写っているんですが、老け込んでいてかつての歌姫の面影はまったくありません。中には『学生運動が盛んだった昭和の活動家にそっくり』なんて言う人もいます」(週刊誌記者)

 他にも「和田アキ子かと思った」「これならミラクルひかるのほうがいい」「精一杯おしゃれしようとしているのが痛々しい」と散々な言われよう。どうもおしゃれしたはずのショートボブが裏目に出てしまったようだ。

「ほんの数日前、宇多田に離婚説が飛び出し、本人が必死で否定する事態になりました。夫の収入の低さに宇多田が三行半を突きつけたとされましたが、むしろ逆で宇多田の劣化を夫が嫌になったのではないかと疑いたくなってしまいます」(前出・週刊誌記者)

 今後、宇多田はテレビの歌番組や報道番組に次々と登場予定。視聴者の反応が気になるところだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング