石原さとみの「失言」を遠野なぎこ&矢口真里が「テレビ局の責任」と強引に擁護

20161014ishihara

 女優の石原さとみがバラエティ番組で「干されたら看護師になりたい」と発言し、「看護師をなめている」とバッシングされている件について、10月10日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)が取り上げた。

 この日、コメンテーターを務めた女優の遠野なぎこは「どんな番組でも収録前にディレクターと打ち合わせをしてから発言している。本人はサービストークのつもりで話しただけかもしれないから、視聴者は発言の一つひとつを現実的に捉えないほうがいい」とコメント。

 ゲストの矢口真里も「今は発言がちょっと違うと炎上する難しい時代だけど、生放送でなく編集された番組だったら未然に防げることももしかしたらあるのかな」と炎上の責任は石原でなく局側にもあるのではないかという感想をそれぞれ述べた。

「炎上経験の豊富な2人だけに説得力がありますね(笑)。女優の広瀬すずがバラエティで番組の照明スタッフをバカにしたような発言をして炎上したときも、局側がなぜ発言をそのまま流してしまったか、事務所のチェックはなかったのかと疑問に思う人は多かった」(エンタメ誌記者)

 ただ、漫画家でレギュラーコメンテーターの倉田真由美は「言い方はあると思う。例えばアナウンサーに飽きてきたから漫画家やろうかしら? と言われたら『ん?』と思うし。気遣いみたいなものは常に必要」と石原にも問題があったことを指摘した。

 遠野と矢口の発言については「お前が言うな」という声も聞こえてきそうだが、テレビ番組スタッフの意識が現代に追いついていないのは確かなようだ。

(笠原和美)

関連記事:石原さとみ「芸能界を干されたら看護師になる」発言に現職看護師から批判殺到 http://asajo.jp/excerpt/17978

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング