藤原紀香、女優も梨園の妻の肩書きも手放せない「強欲」人生プラン

20161126fujiwara

 最近は、何をやっても言っても叩かれる「炎上クイーン」藤原紀香。11月22日に起きた東北地震のお見舞いメッセージを同日のブログで綴るも、その文章の最後には夫で歌舞伎俳優・片岡愛之助の宮城県仙台市で行われる舞台の告知とも思える一文があった。

 これに対しネット上では「お見舞いじゃなくて宣伝ですよね」「まるで災害ビジネスみたい」と炎上。ブログに掲載している写真も相変わらず修整したもの。「好感度を上げたいのか炎上商法なのかわからなくなってきた」との辛辣な意見まで飛び出している。

 そして来年6月には、コメディの舞台に初挑戦するという。三宅裕司が座長を務める熱海五郎一座の推理劇あり喜劇ありの「フルボディミステリー『消えた目撃者と悩ましい遺産』」にゲストとして出演する。

 藤原は「役者冥利に尽きる」とノリノリで意気込んでいるのだが、果たしてコメディを演じ、観客を笑わせることができるのかどうか、それだけの演技力があるのか疑問符が付く。

 また、“梨園の妻業がおろそかになるのでは?”という危惧もある。

 ネット民からも「この前まで『私は裏方なんで』と言ってたのに」「女優の肩書きも梨園の妻の肩書きも手放せない欲張り女」「引退しろとは言わないが、もう少し仕事を抑えないと歌舞伎役者の妻としては反感かってしまうだろうね」などの声が寄せられている。

 だが、これだけバッシングされてもご本人は“馬耳東風”のようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング