好きなアナ5連覇の日テレ・桝アナを宮根誠司が引き抜き?鍵を握るのは!?

20161215masu

 年末恒例の「好きなアナウンサーランキング」(ORICON STYLE)で、日本テレビの桝太一アナが5連覇を達成。男性アナとしては、TBSの安住紳一郎以来となる“殿堂入り”を果たし話題を呼んでいる。

「『ZIP!』総合司会を務め、177センチの身長、甘いマスクに優しそうなバリトンボイスと主婦の心をつかむ3拍子を兼ね備えています。東大大学院時代はアサリの研究に打ち込み、アサリのシマシマを見てアサリの誕生日を調べていました。東大出身なのに、どこか残念臭が漂っているのも魅力の一つですね」(テレビ誌ライター)

 そんな不思議キャラがウケたとはいえ、5連覇は立派なものである。そんな桝アナの代名詞の一つに「恐妻家」がある。

「2011年に結婚し、女の子が1人います。奥様は一般人のため写真は公開されていませんが、恐妻家として番組でもよくいじられています。『ZIP!』の放送が終わると、ダメ出しのメールが毎日送られてきますし、スケジュールもガチガチに管理され、共働きなので『奥さん』『家内』と呼ぶのも禁止されているようです」(番組関係者)

 そんな桝アナに、独立の噂がまことしやかに流れているという。

「日テレのアナウンサーは給料が安いと言われています。そこに付け込んで仕掛けているのが、みずからも独立した経験のある宮根誠司。自分が役員を務める事務所には、羽鳥慎一や田中みな実も所属しています。ここに日テレの桝アナ、さらにTBSの安住紳一郎アナを引っ張ってきたら、もう安泰ですからね。来年の3月には‥‥という気の早い話も耳にします」(前出・テレビ誌ライター)

 確かにレギュラー番組を持ったまま独立をしたら、年収は10倍になるとも言われている。しかし、その生活が何年続くかは、やってみなくてはわからない。

「そこで鍵を握っているのが、桝アナをコントロールしていると言われる奥様というわけです。独立するかどうかは、奥様しだいではないですか」(前出・番組関係者)

“将を射んと欲すれば、まず馬を射よ”。宮根も桝アナ本人よりも妻を口説いたほうが早そうだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング