BOYS AND MEN「最強グループへの野望」(1)水野勝×勇翔“同期対談”

20170319_asajo_boimena

 2016年はシングル3曲がオリコン1位を獲得。「日経エンターテイメント」が発表したセールス、社会影響度などを基準にした「ヒット番付」でも15位にランクインするなど、大ブレイク中のボイメンことBOYS AND MEN。東海エリアから全国へ──さらなる飛躍が期待される2017年の「野望」に迫る。

     ※

 リーダーであり、メンバーの中でもお兄さん的な存在の水野勝と、メンバー一端正な顔立ちで弟的な存在である勇翔。それぞれ「YanKee5」と「誠」に所属するこの2人の絡みは意外に貴重。じっくりご堪能あれ!

水野 リーダーの水野勝です。このコンビはけっこう深いんですよ。なんたって入った時期が一緒だから。当時、僕は大学生で‥‥。

勇翔 僕は高校生でした。

水野 勇翔、今でこそキリッとした顔になってきたけど、あの頃はボケ~っとしてたよね。内心“コイツ、アホやな、きっと”って。どこか抜けてる感じがしたけど、見た目と違って、リアルヤンキーだったという(笑)。

勇翔 ですね‥‥。

水野 しかも出会ってすぐに勇翔のある秘密を知ってしまって‥‥。あっ、ごめんなさい、秘密なのでここでは内容を明かせないから、この話は続かない(笑)。

勇翔 書けない話はしないでください(笑)。勝くんだってあの頃に比べたら、すごく変わったよ。“新しく入るメンバーです”と紹介されて、稽古に現れた時は、すごくチャラくてビックリした。

水野 そお?どっちかというと、今のほうが茶髪だよ?

勇翔 いや、髪の色の問題じゃなくって。かなり全体的にスマートになったよ。あの頃はパーマがかかっていて、革のライダースでバイクで登場。それが舞台に出るようになってから、すごくまじめになった。責任感が出てきたのかな?

水野 まじめに? 自分ではどこがターニングポイントだったのかわからないけど‥‥。でもね、僕らっていつまでたってもベタというか、男っくさいというか。ボイメンのBは“B級”のBだから、そのベタさ加減はいつまでも変わりたくないよね。

勇翔 言えてる。6年前に結成した当時からすると、活動の内容は大きく変わったけど、みんなの中身は一緒。2016年はレコード大賞の新人賞をいただいて、さらにミュージック特番「ベストヒット歌謡祭」(日本テレビ系)にも出られたという、すごく夢のような1年だった。韓国の「アジアアーティストアワード2016年」に日本代表アーティストとしても選ばれたし、ホント、すばらしいステージにいま立ててるけど、ボイメンってやっぱり庶民的というか、地方の“町興しお兄さん”的な存在。すごいなあ‥‥。

水野 ふふふ。他人事みたい。

勇翔 もし、あの頃にタイムスリップしたら、“頑張れば大丈夫!”って言ってあげるのに。

水野 そうだね、当時は苦しんでいたからね。とはいえ、まだまだこれからが勝負なので、もっと多くの人に“ボイメン”を見てほしいし、応援してほしいな。年明けは、「武道館」ライブも控えているし、そこから全国ツアーも展開する予定です。

Asa-Jo チョイス

  1. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  2. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

  3. 104391

    誰にも知られたくない! でもどうしたら……そんな悩みを解決に“導く”「電話占い」とは?

    誰にも言えない悩みこそ、誰かに聞いてもらいたい!──そう思うことってありませんか? 女性にとっては恋愛ごとがコレ。理解されにくい既婚者との恋愛、忘れられない元カレのことなど、デリケートな悩みを抱えている人は多いはず。他に … 続きを読む 誰にも知られたくない! でもどうしたら……そんな悩みを解決に“導く”「電話占い」とは?

注目キーワード

ランキング