ミシェル・モナハンが「育児相談」をしていた大物俳優とは?

20170515_asajo_michelle

 映画「ミッション:インポッシブルIII」でヒロインを演じた女優のミシェル・モナハン(41)が、先輩俳優のケヴィン・ベーコン(58)に育児相談をしていることが明らかになった。

 ミシェルには、グラフィック・アーティストである夫ピーター・ホワイトとの間に8歳と3歳の子どもがいるが、育児の悩みを抱えており、その難しさについてケヴィンに相談していたのだという。

 ウェブサイト「Maisonette.com」のインタビューにおいて、ミシェルはこう話している。

「ケヴィンと知り合った頃、私と夫は育児に疲れて、睡眠不足やストレスに参ってるって相談したの。そしたらケヴィンは『それも時が経てば過ぎ去るから』って言ってくれた。そしてそれは本当にそうだったの。また、彼は『子どもと接する全ての時間を大切にするように』とも言っていたわ。トイレトレーニングを始める時期なども心配する必要はなく、ただその時その時に集中するようにってね」

 そんな重みある言葉をくれたケヴィンに、ミシェルが直接感謝を伝える機会がようやく訪れたようだ。新作映画「パトリオット・デイ」(6月9日、日本公開)で共演したのだ。

「私は常日頃、あのアドバイスがどれだけ役に立ったかをケヴィンに伝えたかったのよ。それで今回、やっとそのチャンスが巡ってきた。そして彼に会った時、ケヴィンは大学に進学する娘さんのために曲を書いていたわ。そのタイトルは『これも時が経てば過ぎ去る』だったの!」

 母親業もお手の物となった様子のミシェルだが、第1子の出産には誰もが不安を覚えるものだと続けた。「初めて子どもを持つ、出産を経験するというだけでも、全ての母親は最初、怖かったと思う。『どうやってこんなものを自分の体から出すの?』ってね。そういう思いを持ちながら9カ月も暮らして、出産という奇跡を経験するわけ」

 今ではミシェル自身が、育児のアドバイザーになっているようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング