2017/12/10 18:14

何故ここに「城島茂」の名が!松岡昌宏とリーダーのまさかの縁

 TOKIOが、ジャニーズ最多となる24年連続の「NHK紅白歌合戦」出場を決めた。SMAPが解散した今は、グループ活動している中で最古参。「24」の記録は今後、自らの手で更新していきそうだ。最年長でリーダーの城島茂は11月17日で47歳になったが、7歳年下の松岡昌宏とはグループ結成時から不思議な縁があったという。番組制作会社のスタッフが話す。

「北海道で生まれ育った松岡は、両親の離婚後、母親と神奈川県横浜市に引っ越してきました。ジャニーズ事務所に入所して、下積みを経て、ようやく歌手デビューできたのを機に、都内でひとり暮らしを始めようと決めました。そのとき、東急東横線の学芸大学駅前にある不動産屋に飛び込んだのですが、出された申込用紙に名前と住所を書いていて、ふと1行上を見ると『城島茂』の文字が‥‥。まさかの巡りあわせに、驚きを隠せなかったそうです」

 人生の半分以上をともに過ごしている2人は、もはや老夫婦同然。松岡ほど、城島を操縦することに長けた者はいない。それを物語るイイ話を挙げれば、キリがないほどだ。

「松岡がまだ中学生だった91年ごろ、合宿所に住んでいたリーダーのもとを訪ねた際、曲を作ろうとなったそうです。メロディも歌詞も思いつきで。それからおよそ20年経ったアルバム制作のとき、『リーダー、あのときの曲、手直しして仕上げようと思うんだけど』と持ちかけたそうです。リーダーは、松岡くんの驚異の記憶力に脱帽。当然でしょう、当時は録音していなかったんですから」(前出・番組制作会社スタッフ)

 そうして完成したのが、12年にリリースされたアルバム『17』に収録されている『ロースピード』。作詞が松岡、作曲が“松島茂宏”で、編曲が長瀬智也。松島茂宏というのは、松岡昌宏+城島茂の合体名。共作を意味する。同アルバムは、メンバー全員が新曲を手がけるというコンセプトだったが、その裏にはディープな経緯があったのだ。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

注目キーワード

ランキング