西川史子の大沢&喜多嶋「親の資格なし」発言に「語る資格なし」の返り討ち

20151216nishikawa

 12月13日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で俳優の大沢樹生と芸能界引退を表明した元女優の喜多嶋舞の子どもを巡るDNA鑑定騒動に、女医でタレントの西川史子が噛み付いた。

 騒動は、大沢が05年に離婚した喜多嶋との間に産まれた長男について親子関係不在確認の裁判を行い、11月19日に親子関係がないという判決が出たもの。これに対して喜多嶋は雑誌で反論し、泥沼化の様相を呈している。

 この顛末に西川は、「公にすることじゃない」「親になる資格ない」「子どものことを一番に考えて」と争う両者を批判したのだ。

「ネット上には、西川先生の発言に理解を示す意見もあるものの、結果的に親子関係がないと判断された子どもの親を務めてきた大沢を擁護する声が多数。西川先生にも『お前に言われたくない』『あんたに何がわかるの?』といった批判が集まっています」(芸能ライター)

 西川は、10年2月に会社役員と結婚するも14年1月に離婚。2人の間に子どもはなく、「育てたこともないのに!」という意見もちらほら。しかし、「語る資格なし!」の理由はそればかりではないようだ。

「結婚式の写真や結婚生活、夫とのケンカなどのエピソードを逐一テレビで垂れ流し、時には『反省しているので帰ってきて』と公共の電波を私的に利用。そんな西川に『公にすることじゃない』と言う資格は確かにないですよね」(週刊誌記者)

 コメンテーターとして活躍中の西川先生。しかし、何にでも口を挟めばいいというものではないようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング