バレンタイン、アナタのチョコが「埋もれない」テクニックとは?

20160205valentain

 間近に迫るバレンタインデー。恋人や好きな人だけでなく、お世話になっている人や親しい人にもチョコレートを送るという人が多いが、複数人からチョコレートをもらう男性からすると、「どれが誰からもらったものか、わからなくなる」ことも多いのだそう。

 何も、モテる男性だけが複数人からもらうわけではなく、チョコレートの数は仕事の内容や立場によっても変わるものです。

 気になる人や、自分を売り込んでおきたい人が複数のチョコレートをもらう相手だったとき、どのように自分の存在感を出せば良いのでしょうか。

 インパクトがあり、かつ好感度の高いバレンタインの贈り物とはどんなものか、何人もの相手からチョコレートをもらう男性たちに話を聞いてみた。

 まずはバーテンダーのSさん。毎年女性の常連さんたちからいくつもチョコレートをもらうというが、

「和菓子屋さんのものだと覚えやすいですね。パッケージも他のチョコレートとは違った趣なので、受け取った際に『珍しいな』と思って覚えやすいんです」

 パッケージの段階で他とは違った雰囲気を出すと、もらったときの記憶が定着しやすい‥‥。ということは、和菓子店のものに限らずいろいろ工夫ができそう。

 たとえば無地の赤一色、白一色などのシンプルなものだったり、箱ではなく瓶詰めのものにしたりすれば、「赤いのをくれたのは○○さん」「瓶は○○さん」と覚えやすくなるかも。

 次は部下の女性たちから毎年もらうという会社員のTさん。

「どれが誰からかは覚えてますけど、中でも『いつもご指導ありがとうございます』とカードの添えてあった女性には好感を持ちました。女性としてというより、こういう気遣いのできる社員は評価したいなと」

 義理チョコであっても小さな気遣いをプラスすることで、社会的評価が上がるということだ。

 さらに、20代会社員のHさんは、こんなエピソードを挙げてくれた。

「職場でみんながチョコレートをくれる流れの中で、他の人と同じようにいかにも義理ですという見た目のチョコレートをくれた同期の子。でも、会社帰りに呼び止められて、『ごめん、こっちがホントに渡したかったやつ』ともう一つくれたんです。みんなの前では恥ずかしかったんだ、と思ったらカワイイな~と急に好感度が上がりました」

 一度だと義理か本命か判断がつかなくても、二度渡しテクニックなら確実にインパクトあり!

 せっかく渡すのなら、好きな相手であろうとなかろうと、何らかの好印象を残しておきたいもの。皆さんもぜひ、インパクトを残す工夫をしてみましょう!

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング