「さんま御殿」で視聴者を不安にさせた渡辺美奈代&矢島愛弥“母子ギャップ”

 タレントの渡辺美奈代と、その長男でシンガーの矢島愛弥が4月16日に放送された「超特大さんま御殿!坂上忍&ヒロミも大モメ!?豪華芸能人が春満開SP」(日本テレビ系)で親子出演を果たした。

「美奈代はもうすぐ50代突入というのに、相変わらず若々しくて綺麗でした。一方、息子の矢島は発言がお馬鹿すぎるとネットで“問題視”されてしまっていますね」(芸能ライター)

 ネット上では「渡辺美奈代さんめっちゃ可愛い、こんな風に歳を重ねたい」「渡辺美奈代全然ほうれい線ない!」「渡辺美奈代、けっこう若作りしてると思うけど、それでも50歳の時の私にこんな若さはなかったな」など、渡辺の見た目の若々しさを賞賛する声が多数寄せられている。

 一方で愛弥に対しては、「美奈代の息子は馬鹿っぽいよな~!一応20代なんだよね?」「愛弥はしゃべり方からして馬鹿丸出しだな」「愛弥よ、テレビではお母さんじゃなくて母と呼びなさいって」「口を開いたらアホ丸出しだから、美奈代の息子は黙ってた方がいいよ」など、トークでの“バカ丸出し感”がヤバすぎるという反応が多数あがっている。

「美奈代さんは元おニャン子や同世代アイドルの中でも一二を争う若々しさを保っていると評判ですし、ブログで投稿する手料理・お弁当が美味しすぎると評判がいいんですが、唯一長男に関しては“バカっぽい”と言われてしまっているのが泣き所。確かに緊張感のない“にこやか”な表情は、いかにも甘ったれといった印象になってしまっています」(前出・芸能ライター)

 同じくおニャン子出身の母子だと、工藤静香&Koki,の例とは真逆。子供のイメージが親の足を引っ張る珍しいパターンになっているようだ。

(石見剣)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング