千鳥・ノブの朝ドラ出演に「あっちの俳優と替えてほしい」の声!

 人気お笑いコンビ「千鳥」のノブが、まさかの朝ドラ出演を果たした。4月18日放送のNHK連続テレビ小説「なつぞら」に、ヒロインのなつ(広瀬すず)が通う十勝農業高校の担任・太田繁吉役で登場したもの。出演シーンでは、なつのクラスメートである居村良子(富田望生)を「お前の母ちゃんのことでねえ!母牛の話してんだべ!」と叱りつける場面もあり、存在感を示していたようだ。

 本作の直後に放送された「あさイチ」では、舞台出演中の博多華丸に代わって代打キャスターとして出演。博多大吉から「太田先生!」とイジられると「太田先生じゃねえって」と返したほか、初めて観たという自分の演技については「ただのノブじゃ。ノブが教科書持ってお邪魔してるだけじゃ」とスタジオを笑わせていた。

「この『あさイチ』での発言を受けて、ツイッターでは『ただのノブじゃ』がトレンド入り。タイムラインでもノブの話題が続出し、愛されキャラぶりがひしひしと伝わってきました。作中で披露した北海道弁にもこれといって不自然な箇所はなく、普段の岡山弁とは違うノブに新たな魅力を感じるファンも多かったようです。本人によると今回のシーン以外にも撮影があったそうですが、この好評ぶりだと今後も“十勝編”の間は出演し続けるかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 そんなノブの好演を受けて、視聴者の中からは別の役を演じてほしかったとの声もあがっているという。

「今回から演劇部顧問の倉田隆一役を務めている柄本佑ですが、長まわしのセリフがどうにも棒読みに聞こえてしょうがないのです。演技の面でも演劇好きの小難しい雰囲気を醸し出しているのかもしれませんが、不自然さが否めません。その柄本はもともと演技面での評価が分かれるタイプで、今回はどうも上手くハマっていない感があります。本作では草刈正雄や安田顕、高畑淳子などの演技達者がそろっているため、余計に柄本の演技が浮いてしまう始末。それならむしろ、ノブにその役をやらせたほうが面白かったのではないかという指摘もあるのです」(前出・テレビ誌ライター)

 一方で柄本に対しては「かっこいい!」といった好意的な声もある。それゆえ演劇部の顧問役を務めるのはいいとしても、ノブにも同じくらいの出番を与えてあげてもいいのかもしれない。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング