「変わらないね~」って言われたい!同窓会に参加する前にやっておきたい老け顔対策

 同窓会への参加のお誘いが来たら、あなたは参加したいと思いますか?

 化粧品や医薬部外品の製造・販売事業などを展開するアチーブ社が、全国の40~60代の女性を対象に2019年5月に実施した「同性の気になるところに関するアンケート」によると、同窓会で気になったことのトップは「友人のおばさん化(56.7%)」でした。次いで「相手の仕事について(15.6%)」「会場の雰囲気・場所・料理(12.2%)』と続きます。

 おばさん化、確かにいちばん気になるところですよね。一方で、「友人のおばさん化を感じて、ご自身のおばさん化も感じますか?」という問いには、女性の約9割が「はい」と回答しています。どうやら、同窓会ではほとんどの人が「自分も人のこと言えないけど、あの子老けたわね」と思っていることが判明しましたね。

 そうした現実がある中、“老け顔”で気になるのはやっぱり目元ですよね。医師の日比野佐和子さんの著書「これだけで若返りは可能です。 運動嫌いでも続けられる!男のエイジマネジメント講座」(東洋経済新報社刊)によると、目元の老化を予防するには「顔の運動」がいいのだそう。具体的には、まぶたのたるみに直結する眼輪筋(がんりんきん)や眼瞼挙筋(がんけんきょきん)の運動です。目を閉じたり開けたりするのをゆっくりと繰り返す、眉を挙げて額にシワをつくり、おでこを押さえて目を開けるといったものが紹介されていましたよ。

 もし同窓会に誘われたら、これらの運動で老け顔を少しでも解消して参加したいものですね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング