今世紀最高視聴率「あさが来た」の現場で友近が“たそがれていた”理由とは?

20160407tomochika

 4月2日に終了したNHK朝の連続ドラマ「あさが来た」。最終回の視聴率は関東地区で27.1%を記録。全回の平均視聴率でも23.5%という今世紀の朝ドラで最高の数字を記録した。

「今回の朝ドラは大河ドラマ的なスケールと主人公の描き方で多くのファンを得ましたが、主演の波瑠も回を追うごとに演技が上達し、後半にはセリフのないシーンでも説得力のある演技を見せました。最終回を前にNHKの『あさイチ』に出演して舞台裏を語っていましたが、なかでも波瑠演じるあさの女中役で登場していた友近のエピソードに、スタジオも盛り上がっていました」(テレビ誌記者)

 シーンの合間など待ち時間の多いドラマ撮影だが、波瑠がふと見ると友近がセットの縁側で、たそがれている様子で座っていたという。そして、声をかけられない雰囲気だった、と。

 そんな波瑠の謎を「あさイチ」が友近本人に直撃したところ‥‥。

「友近によると、そんな時はいつもお笑いのネタを考えているのだそうです。友近は今や女性お笑い芸人のなかでもトップクラスの実力派。4月1日に放送された『爆笑問題の検索ちゃん芸人ちゃんネタ祭りスペシャル!』(テレビ朝日系)でも、料理研究家に扮した一人コントをセリフなしで演じ、ほかの芸人たちも絶賛していました。ドラマをはじめ引っ張りだこの友近ですが、待ち時間も無駄にしない芸人としてのプロ意識も、彼女が長く第一線で活躍できる理由の1つだと思います」(週刊誌記者)

 芸人として、女優として、今後も幅広く重宝される存在のようだ。

(大門はな)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング