おうち時間を充実させるカギは目標の“実行”化!?

 サイバーアウル社が運営する『モノレコ by Ameba』が2020年4月、全国の男女1,000人を対象に行った外出自粛要請が生活に与える影響についてのインターネット調査で、「巣ごもり生活を充実させるために購入したもの」を尋ねた結果、男性・女性ともにTOP3は1位「書籍」、2位「漫画」、3位「ゲームソフト」だったそうです。おうち時間を生かせば、これまで時間がなくて読めなかった長編の本も読めそうですね。

 一方、同調査で「外出自粛の週末の家での過ごし方」を尋ねた結果、男女共に1位は「テレビ番組・動画コンテンツ鑑賞」だったそう。女性は2位が「料理を作る」で、3位が「ネットサーフィン」、男性は2位が「ネットサーフィン」で3位が「ゲームをする」だったようです。

 男女ともに「読書」は多く挙げられず、テレビや動画コンテンツの鑑賞やネットサーフィンなどで時間が潰れてしまい、おうち時間を充実させるために購入した書籍を役立て切れていない現状が浮き彫りになっているようです。あるいは、週末は思いっきり心を休める日、平日は自分磨きやこれまでできなかったことへの挑戦の日と、ON/OFFをしっかり切り替えているのかもしれませんね。

 最近はアフターコロナの予想が多くの専門家から挙げられていますが、生活も仕事もこれまでと同じではなくなる可能性も示唆されています。今できることをどれだけ実行に移したかで、今後の生き方に大きな差が出てくるかもしれません。

 今までと違った生活習慣を急に定着させるのは、工夫なしには難しいもの。せっかくの購入品がお蔵入りしないように、挑戦したいことの実行期日を決めたり、1日のスケジュール計画を書き出してみたりして、実行への意識を高めてみてはいかがでしょうか。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング