加護亜依のSNSに「マスク警察」が殺到!それでも自粛生活はノーストレスな理由

 タレントの加護亜依が7月12日、家族で訪れた神奈川県・江ノ島での写真をインスタグラムに投稿。またしてもネット上で物議を醸している。

「問題の写真は『江島神社を参拝してきました』というコメントとともに、子供たちと写っているもの。ファンからは、加護のスラリとした美脚に『あいぼん足綺麗』などの声が寄せられましたが、加護がマスクをしていなかったことから『マスクして』『マスクしよーか』といった多くのツッコミを頂戴してしまったのです」(エンタメ誌ライター)

 その一方で、「マスクマスクいちいち、うるさいね」「マスク云々言ってる馬鹿がいて呆れるね」などと“マスク警察”を揶揄する声もあり、コメント欄はちょっとした論争の場となった。

「加護は、この騒動の2日後の14日にインスタを更新しているのですが、今度はマスクを着用してハンモックで眠る子供の写真をアップ。前回の写真へのコメントを意識してのものだと思われます」(前出・エンタメ誌ライター)

 観光地での“ノーマスク”を突っ込まれた加護だが、コロナ禍の自粛生活では“ノーストレス”だったという。その理由が、なんともユニークだ。

「4月20日に投稿したインスタで『私は1年間謹慎していた過去があるので、今の自粛生活にストレスは感じていません』とコメント。加護は未成年だった2006年に写真誌『FRIDAY』に喫煙写真をスクープされ、それにより1年間の芸能活動自粛処分を受けています。このコメントは、その時のことを指しているのでしょう」(週刊誌記者)

 なんと、過去の不祥事による自粛生活がこんなところで役に立っているとは、まさにケガの功名!? これまで何度も辛い経験をしているだけに、インスタの炎上など屁でもないのかもしれない。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング