TOKIO松岡、KinKi…タッキー以外に「第二のジャニーさん」増殖中の理由

「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)シリーズで前掛け姿がすっかり板についたTOKIO・松岡昌宏。7月放送のシーズン4の主題歌はHey! Say! JUMPの「Last Mermaid…」が起用されたのだが、作詞・作曲は「Kaoru」こと松岡が担当。三田園薫が、人魚姫をモチーフに描いた“女性目線”のせつないラブソングとなっている。

 松岡は現在43歳。昨年7月にジャニーズ事務所の創業者・ジャニー喜多川氏が他界して以降、このようにアラフォージャニーズが制作も兼務する例が増えている。

 顕著なのは、KinKi Kids。6月17日にリリースした最新ナンバー「KANZAI BOYA」は、堂本剛が作詞・作曲した。タイトルは、ジャニーズJr.時代の2人にジャニー氏が付けたデュオ名。同曲でKinKiは「シングル連続1位獲得作品数」を42に、「シングル1位獲得連続年数」を24に伸ばし、自身が持つ歴代1位記録をそれぞれ更新した。

「数多いジャニーズグループのなかでも、ジャニーさんは特にKinKiを大事にしていました。恩人亡き今、堂本光一はKing & Princeの岸優太と神宮寺勇太らが出たJr.の舞台『DREAM BOYS』を演技指導。Hey! Say! JUMPのライブ演出を手伝うこともありました。ジャニーイズムを継承しているのです」(芸能関係者)

 剛と光一は、そろって41歳(学年は光一が上)。剛は昨年9月、A.B.C-Zに楽曲「You…」を提供。「KANZAI BOYA」と同じく、故人を想って制作した。

「KinKiが第1号となった関西発Jr.はその後、関ジャニ∞、ジャニーズWESTにつながり、現在はなにわ男子、Lil かんさい、Aぇ! Groupが明日のデビューを夢見ています。関ジュのために、関ジャニの大倉忠義が作詞、安田章大が作曲した『My dreams』と『Can’t stop』という2曲もあります。大倉は関ジュのライブをプロデュース、横山裕は企画コーナーを演出していて、関西のジャニーズシーンを盛り上げています」(前出・芸能関係者)

 大倉と安田は35歳で、横山は39歳。アラサーも次世代ジャニーズの育成に躍起だ。関ジュに対抗すべく、関東のJr.で次期デビューが期待されているのは、美 少年。すでに、35歳の山下智久が「LA LA love」を作詞・作曲、34歳のKAT-TUN・亀梨和也が「ねぇ もっと」の作詞を手がけて、提供している。

 ジャニー氏亡きあと、帝国の灯を消すまいと後進の指導も兼ねるようになった30代と40代のベテラン勢。かつては滝沢秀明が「第二のジャニーさん」といわれたが、今は彼に続く“リトルジャニーさん”が増えているのだ。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング