2016/2/3 5:00 PM

元夫が薬物逮捕でも清原亜希が“清原姓”にこだわるメリットとは?

20160203kiyohara

 2月2日、かねてから噂されていた、元プロ野球選手の清原和博が薬物所持で逮捕され、球界、芸能界に衝撃を与えた。

 特例措置といわれる深夜の逮捕劇(通常は日没後の家宅捜査は行わない)だけに、世間が清原逮捕を知ったのは翌朝になってから。朝の通勤電車の中では「清原逮捕」の見出しが載ったスポーツ紙を熟読する中高年も目立った。

 一方で、報道を知った世の女性たちの関心は、元妻でモデルの清原亜希に向かったようだ。2年前に離婚し、戸籍上は清原容疑者と縁は切れているが、本人は“清原姓”で仕事を続け、2人の子供はその後も“父親”と交流があっただけに、今回の事件とは切っても切れない存在だ。

 事実、スポーツ紙はさっそくアプローチをかけたようだが、所属事務所が代わりに「本人は子供たちを守ることで精一杯」とコメントしている。

 そんな彼女に対して、一般女性たちからコメントが集中。「もう清原姓は名乗らないほうがいい」「子供を守ってあげてください」「いいタイミングでダンナを切りましたね」「クスリをやっているのを知っていたんじゃない?」など、エールから批判めいたものまで多くの意見が書き込まれている。

「離婚の原因は、清原の止まらない“遊び人ぶり”という説もありましたが、2014年の薬物報道が決定打になっているのは間違いない。それでも“清原姓”を名乗り続けたのは、子供たちのことを考えてということもあるのでしょうが、やはりその名前があってこそ売れっ子モデルになったことが本人もわかっているから」(女性誌記者)

 しかし、現実は最悪の展開に。「(今後は)清原姓を名乗らないほうがいい」というファンの声もうなずけるのだが‥‥。

「いえ、ここで“清原”を捨てることは絶対にないでしょう。ダンナに薬物疑惑が持ち上がった直後の離婚、言葉は悪いですがギリギリのタイミングで泥舟から降りることができた。当時もダメージは最小限に抑えましたし、その後に新たな男の噂はありませんから、子供をしっかり守れる母親というイメージもつきました。さらに、今後も“清原”の名前を背負っていくことはイメージダウンどころか、責任感のあるイメージを持たれます。事情聴取は受けると思いますが、ファンの多い主婦層を中心に批判より応援が増えていくのではないでしょうか」(前出・女性誌記者)

 しばらく表舞台への登場は難しいかもしれないが、世間から“清原”の名前が消滅することはなさそうだ。

(三崎康太)

Asa-Jo チョイス

  1. 11241

    ただの保湿じゃNO!「○○型セラミド」だからこそ出来る乾燥肌対策とは

    30代から気になりだすのが目や口元の小じわ。肌にも潤いがなくなってくれば化粧のりも悪くなり、見た目年齢も急上昇していきます。こうした肌の老化のはじまりには「とにかく保湿!」とばかりに、化粧水や保湿パック、美容液、クリーム … 続きを読む ただの保湿じゃNO!「○○型セラミド」だからこそ出来る乾燥肌対策とは

  2. 8178

    もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

    独身、無職、貯金ナシ。貢ぎグセあり‥‥そんなどこかで観たドラマの主人公のような“ダメ女”でもないはずなのに、婚期を逃し続けてまもなく30歳‥‥。仕事も恋愛も積極的にしてきたはずなのに、なぜか結婚だけは縁がなかったっていう … 続きを読む もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

  3. 12944

    第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

    ■オシャレより大事なのは…?美容意識の高い女性たちを対象にしたある調査によれば、初対面の人と会った際に、「第一印象で素敵だなと思う人はどこがキレイか」と質問したところ、なんと9割の人が「肌」と回答したそうです。次いで多か … 続きを読む 第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

注目キーワード

ランキング