上白石萌音“篤姫”が大河に登場!「ゴリ押し」批判を吹き飛ばす存在感

 3月21日に放送されたNHK大河ドラマ「青天を衝け」の第6回「栄一、胸騒ぎ」に女優の上白石萌音が初登場。将軍・徳川家定の正室となる篤君を演じ、高評価が相次いでいる。

 篤君(天璋院・篤姫)は過去には宮崎あおいや北川景子、深津絵里などそうそうたる女優が演じた役。上白石の登場シーンはわずか1分30秒にも満たないものだったが、篤君と同じ鹿児島出身なだけあって薩摩ことばも板についており、歴代の女優達が演じた篤君とはまた違うおおらかさや利発さを表現していた。

 ネットで《楽しみにしていた萌音さんの篤姫、過去演じられたどの篤姫とも違う印象で、とても新鮮でした。まだ僅かな登場シーンではあったものの、薩摩の気風を感じる、血の通った篤姫像》《篤姫といえば宮崎あおいと思っていましたが、上白石篤姫を見て、本当の篤姫はこんな感じだったのかも、と妙に納得させられました》《あおいさんや北川さんとはまた違った雰囲気の篤姫ですが、とっても好きです》など好意的な意見が続出。

「放送前は《姫というより町娘っぽい》《ゴリ押しされすぎ》《篤姫だから、鹿児島出身者の起用は浅はかすぎる》など心ない意見が多かったのですが、蓋を開けてみれば評価が逆転。そもそも上白石は2014年の映画デビュー作『舞妓はレディ』から演技の評価は高く、大河ドラマも今作で3作目。十分な実力と実績があるからこその起用で、NHKの狙い通りと言えるでしょう」(芸能記者)

 上白石の登場シーン直前には一橋慶喜に輿入れする美賀君を演じる川栄李奈も初登場。ふたりは2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインでもあり、一足先にヒロインリレーが行われたとも話題になった。

これもNHKの狙い通りだろうか。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング